CARBABYの焚き火シートをレビュー|チクチクしないおすすめの焚き火シート!

carbaby焚き火シート

我が家は焚き火をする際の焚き火シートにCARBABYの焚き火シートを愛用しています。

数ある焚き火シートからCARBABYの焚き火シートを選んだ理由は、5種類のサイズから選べるサイズの豊富さや素手で触ってもチクチクしない肌触りの良さに惹かれたからです。

ただ、機能性も抜群でここまで選びやすいにも関わらず値段がお手頃なので、買う前はかなり不安だったのも事実。

そこで、この記事では実際にCARBABYの焚き火シートを愛用している私が、耐熱性や触り心地などの使用感を徹底的にまとめました。

それでは『CARBABYの焚き火シートを徹底レビュー|チクチクしないコスパ最強の焚き火シート』について書いていきます。

らむね

コスパ最高の焚き火シートおすすめランキング1位に選ばれるコスパ最強の焚き火シートですよ!

メリット
デメリット
  • 瞬間耐熱温度が1500℃と非常に高い耐熱性
  • 素手で触ってもチクチクしない
  • 5種類のサイズから選べる
  • 2色から選べる
  • 四隅にハトメが付いている
  • 収納袋が付いている
  • 高機能でコスパが良い
  • 特になし
目次

CARBABY焚き火シートのスペック

CARBABYの焚き火シートのスペックについて紹介していきます。

[jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]スペック

メーカー商品名CARBABY 焚き火シート
サイズ98x61cm
(45×45cm,100×50cm,
100×145cm,120×70cm)
カラーベージュ、黒色
耐熱温度700℃
(瞬間耐熱1,500℃)
素材ガラス繊維
表面加工シリコンコーティング
ハトメ四隅にあり
水洗い可能
収納袋あり
Amazon価格2,380円

スペックについて簡単に紹介すると、素材はガラス繊維で瞬間耐熱温度が1500℃と非常に高く、表面はしっかりとコーティングがしてあり、サイズが5種類から選べる非常にスペックの高い焚き火シートです。

らむね

瞬間耐熱温度が1500℃はすごく高い!

⇧ 目次へ戻る

CARBABY焚き火シートを実際に使った感想をレビュー

それではCARBABYの焚き火シートを実際にキャンプ場で何度か使用して感じたことをレビューしていきます。

簡単に感想をまとめると以下のとおりです。

  1. 素手で触ってもチクチクしない
  2. 非常に耐熱性に優れている
  3. 5種類のサイズから選べるので焚き火道具を全て置ける
  4. 適度な重量とハトメが付いており風に飛ばされない
  5. オシャレでかっこいい黒色からも選べる
  6. 収納袋が付いているので汚れていても収納できる
らむね

気になるところは無く、非常に良い焚き火シートです!

それでは、それぞれについてわかりやすくお伝えしていきます。

素手で触ってもチクチクしない

CARBABYの焚き火シートは、表面がしっかりとシリコンコーティングされているので素手で触ってみてもチクチクせず、サラサラしていてとてもさわり心地の良いです。

他のブランドの焚き火シートは素手で触ったときにガラス繊維が手に刺さりチクチクするといった口コミが非常に多かったので、この時点で焚き火シート選びに大成功したと確信。

コーティングのされていない焚き火シートは、素手で触ると何時間もチクチクしてしまうので耐熱グローブを装着するなどの注意が必要です。

らむね

この焚き火シートはチクチクしませんが、念のために耐熱グローブを着用しましょう!

⇧ 目次へ戻る

非常に耐熱性に優れている|耐熱温度1500°

焚き火をすると少なからず灰や火の粉が焚き火台から落ちてしまうのですが、CARBABYの焚き火シートは瞬間耐熱温度が1,500℃と非常に高いおかげで、地面が焦げてしまった事は今までで一度もありません。

安物の焚き火シートだと耐熱温度低く地面が焦げ付いてしまうので、耐熱温度が高いのは非常に重要なポイントです。

らむね

ここまで耐熱温度が高い焚き火シートは中々無いですね!

⇧ 目次へ戻る

5種類のサイズから選べるので焚き火道具を全て置ける

焚き火により熱くなってしまった道具を直接地面に置くと地面が焦げてしまうため、しっかりと焚き火シートの上に道具を置くことが重要です。

なので、焚き火台のサイズや使用する道具に合わせて焚き火シートのサイズを選ぶことが重要なのですが、CARBABYの焚き火シートは5種類のサイズから選べるので、ソロキャンプにもファミリーキャンプにも合わせることができます。

私はファミリーキャンプ用に98x61cmと大きめの焚き火シートを購入しましたが、焚き火台、火消し壺、炭や薪、炭用トング、耐熱グローブなどのすべての焚き火道具を置くことができました。

らむね

色々なスタイルに合わせて選べるのは非常に魅力的!

CARBABY焚き火シートのサイズは、45×45cm、98×61cm、100×50cm、100×145cm、120×70cmの5種類。

⇧ 目次へ戻る

適度な重量とハトメが付いており風に飛ばされない

安物のペラペラの焚き火シートとは違いある程度の厚みと重さがあるおかげで、多少の風なら飛ばされることなく使用することができます。

また、風が強い日でも焚き火シートの四隅にハトメが付いているので、ペグで固定することもできるので安心して使えます。

らむね

風でめくれあがると灰が飛び散って悲惨なのでこれは嬉しい!

⇧ 目次へ戻る

オシャレでかっこいい黒色からも選べる

焚き火シートと言えば白を基調としたベージュヤシルバーが王道なのですが、CARBABYの焚き火シートはオシャレでかっこいい黒色からも選ぶことができるのが非常に魅力的です。

キャンプギアを黒色や暗めの色で統一して、無骨でカッコイイ雰囲気を作り出したい方にはピッタリ。

らむね

黒くておしゃれな焚き火シート3選の記事でも1位に輝いています!

あわせて読みたい
黒くておしゃれな焚き火シート3選|無骨でかっこよく機能性を考慮し厳選! キャンプギアを黒色や暗めの色で統一することで、キャンプサイトの空間を無骨でカッコイイ雰囲気にしてキャンプを楽しむ方は多いですよね。 この無骨キャンプをするため...

⇧ 目次へ戻る

収納袋が付いているので汚れていても収納できる

carbaby焚き火シート

焚き火シートは焚き火台の下に置くものですから、地面の土がついたり焚き火台からこぼれ落ちた炭や灰によってかなり汚れてしまいます。

また、汚れがひどい場合はキャンプ場で軽く水洗いする時もあるのですが、キャンプ場にいる間には中々乾きません。

そこで、汚れたままでも濡れたままでも収納ができる収納袋がセットで付いているので、別で収納袋を用意しなくても大丈夫なようになっています。

らむね

別で焚き火シートにピッタリサイズの収納袋を探すのは大変なんです。

⇧ 目次へ戻る

CARBABY焚き火シートのメリット・デメリット

実際に使って見て感じたことをメリット・デメリットに分けて紹介していきます。

メリット
デメリット
  • 瞬間耐熱温度が1500℃と非常に高い耐熱性
  • 素手で触ってもチクチクしない
  • 5種類のサイズから選べる
  • 2色から選べる
  • 四隅にハトメが付いている
  • 収納袋が付いている
  • 高機能でコスパが良い
  • 特になし

上記にまとめたとおり、耐熱温度が非常に高く素手で触ってもチクチクしないのが非常に魅力的なコスパ最高の焚き火シートです。

また、サイズは5種類から選べカラーは2種類から選べるので、色々なスタイルに合わせることができます。

そして、私が今まで使ってきた中でデメリットを感じたことはありません

らむね

約2,000円で購入できるメリットだらけの焚き火シート!

⇧ 目次へ戻る

CARBABYは他にも優秀なキャンプ道具がある

CARBABYは焚き火シートだけでなく他にも多数のキャンプ道具を扱っております。

しかも、今回紹介した焚き火シートのように非常に優秀でコスパが良いものばかりなので、ぜひ他のキャンプ道具も検討してみてください。

らむね

焚き火道具を中心に人気があります!

CARBABYのオススメをまとめた記事

あわせて読みたい
CARBABYはどこの国のメーカー?焚き火道具を中心に扱う海外のアウトドアブランド! Amazonや楽天市場で焚き火道具を探していると、CARBABY(カーベイビー)の商品を見かけますよね。 しかも、CARBABYの焚き火道具は他の有名ブランドに比べるとかなり安い。...

⇧ 目次へ戻る

まとめ:耐熱温度が高くチクチクしない非常に優れた焚き火シート!

この記事では『チクチクしないコスパ最強の焚き火シート|CARBABY焚き火シートを徹底レビュー』について書いてきました。

実際に使った感想レビューを色々と書いてきましたが、楽天やAmazonなどでの評判どおり非常に優れた焚き火シートでした。

サイズも5種類あるので、ソロキャンプやファッミリーキャンプなど自分のキャンプスタイルに合わせて好きなサイズを選びましょう。

らむね

コスパ最高の焚き火シートおすすめランキング1位に選ばれるコスパ最強の焚き火シートですよ!

あわせて読みたい
コスパ最強の安い焚き火シート5選|耐熱性があり触っても痛くないものを厳選! Amazonや楽天市場には1,000円程度で買える安い焚き火シートが沢山ありますが、素手で触るとチクチクしたり耐熱性が低くすぐに穴が空いたりと機能性が悪いものが多いです...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次