ポータブル電源

CTECHiポータブル電源200Wをレビュー|安全で寿命の長い電池を使用したコスパ最高のポータブル電源

ctechi ポータブル電源

こんにちは!キャンプ大好きらむねです。

今回はCTECHi様より『CTECHiポータブル電源200W』をご提供いただきましたのでレビューさせていただきます。

CTECHiポータブル電源200Wは安全性の高いリン酸鉄リチウムイオン電池を使った、コンパクトで非常に持ち運びのしやすいポータブル電源です。

一部気になる点もありますが、キャンプや釣りなどに持って行けるようなポータブル電源を探している方には、非常にコスパが良く魅力的なポータブル電源になっていますので、ぜひ参考にしてください。

それでは『CTECHiポータブル電源200Wをレビュー|安全で寿命の長い電池を使用したコスパの良いポータブル電源』について書いて行きます。

本記事はCTECHi様より商品の提供をしていただき、作成しております。

CTECHiとは

CTECHiは2005年に設立されたポータブル電源の開発・研究に専念している中国の企業で、16年間にわたり、ものづくりの精神を守り、製品の品質を重視し、リン酸鉄リチウム電池の使用にこだわり、より安全で環境にやさしい非常用電源を提供できるよう努めている企業です。

CTECHiはすべての製品がPSE、CE、FCC、RoHSの認証に合格するなど非常に安全性にこだわりを持っており、日本のみではなく、アメリカ、カナダやヨーロッパなど、世界中の50国以上の国家へ輸出し多くの国で愛用されております。

⇧ 目次へ戻る

CTECHiポータブル電源200Wのスペックと特徴

CTECHiポータブル電源200Wのスペックと特徴について、わかりやすいように補足をしながら紹介していきます。

スペック

項目詳細
メーカー CTECHi
名称CTECHiポータブル電源GT200
バッテリータイプリン酸鉄リチウム電池
容量240Wh 3.2V/75000mAh
バッテリー寿命充放電2,000回
充電時間
(PD+AC)
約2.68時間
定格出力200W
重さ約3.6kg
サイズ約24×20×8.6cm
AC出力(2口)200W(瞬間300W)
100V 50Hz/60Hz
USB-A出力(2口)5V/2.4A
USB-A出力(1口)
(急速充電)
最大18W
5V/3A、9V/2A、12V/1.5A
USB-C出力(1口)最大60W
5V/2.4A、9V/3A、12V/3A、15/3A、20/3A
DC出力(3口)最大120W
12V/8A
AC充電入力15V/3A
ソーラーパネル入力5V-28V/4A
シガーソケット10.8V/24V
動作温度-10℃~40℃
価格
(Amazon)
¥17,800 (税込)
※常時1,000円クーポンあり

スペックについて簡単に補足していきます。

出力口・容量
出力口が9個も付いているので、スマホやタブレットなど最大で9台同時に充電することができます。
また、容量が240Whとスマホの充電が21回、ノートパソコンの充電が3.6回もできるので、キャンプで1泊するくらいなら余裕で対応できる容量です。

らむね

夏のキャンプならファミリーで使っても全然問題ないですね!

製品利用回数/時間
スマホ約21回
ノートパソコン約3.6回
ドローン約19回
プロジェクター約3.3時間
Amazon商品説明から引用

リン酸鉄リチウム電池
リン酸鉄リチウム電池とはポータブル電源に使われているリチウムイオン電池の中でも、安全性が非常に高く寿命が長いワンランク上の電池です。

価格
容量が240Whの他のポータブル電源と比べてもスペックが高いにも関わらず、価格はAmazonで17,800円と相場より安く非常にコスパが良いです。

らむね

コスパの良さからメーカーさんの努力が伝わってきますね!

Amazonのタイムセールで17,800円から14,240円(20%OFF)になることも多く、さらにコスパが高くなります。

今すぐAmazonをチェック!

続いてCTECHiのポータブル電源200Wの特徴について紹介します。

特徴

  • パススルー充電に対応
  • 急速充電に対応
  • 本体を急速フル充電(2.68時間)
  • 安全な電池を採用(リン酸鉄リチウム)
  • 9つの出力ポート
  • LCD画面で電量がわかる
  • 純正弦波
  • 50Hz/60Hzの切替対応

特徴について簡単に補足していきます。

パススルー充電
パススルー充電とはポータブル電源の本体を充電中でも他のデバイスに給電ができる仕組みのことで、パススルー充電に対応していればソーラーパネルで本体を充電しながら給電ができ非常に便利ですね。

急速充電
急速充電のできるPD60W、QC3.0端子18Wがあるので、急速充電に対応したスマホやタブレットなどであれば、通常より早く充電することができます。

純正弦波
正弦波には複数の種類がありますが、家電製品の多くは純正弦波でないと正常に機能しないものが多いので、ポータブル電源は純正弦波を購入したいところですね。

50Hz/60Hz切替対応
日本はおおまかに分けて東日本が50Hzで西日本が60Hzと2種類の周波数に分かれているので、使う地域に合わせた周波数に切り替える事で周波数の違いによる故障を防ぐことができます。

⇧ 目次へ戻る

CTECHiポータブル電源200Wの開封レビュー

CTECHiポータブル電源200Wを開封しながらレビューしていきます。

割と大きめなAmazonの段ボールで届きました。

Amazonの段ボールを開けると、もう一回り小さな無地の段ボールが入っており、隙間には緩衝材として紙が詰めてありました。

無地の段ボールを開けるとCTECHiの名前が入った商品の収納箱が出てきます。わりとギチギチのサイズなので、カッターやハサミで段ボールを開ける際は刃を深く入れないようにした方が良いですね。

収納箱のデザインは綺麗な白地に商品イラストをオレンジで表したシンプルな感じで良いですね。取っ手がついているのも嬉しいポイント。

収納箱を開けるとポータブル電源が緩衝材でしっかりと固定されており、緩衝材の横には小さな段ボールに付属品がまとめられていました。

らむね

商品の梱包についてみてきましたが、全体的にしっかりと梱包されていたので、配送中に傷が付いてしまう心配がなさそうで安心しました!

デザイン/触り心地

本体前面部分は光沢のあるようなグレーで統一されており、メーカー名が左上に印字された非常にシンプルなデザインとなっています。触り心地はスベスベしています。

左側面には電源ボタン・モニター・出力口・入力口が集約されており、周りをオレンジ色で囲ってあります。モニターには傷が付かないようにフィルムが貼ってあるのは嬉しい気遣い。

右側面には中心にLEDライトがあり、LEDライトを挟むように通気口があります。また、左側面と同じようにオレンジ色で囲ってあります。

上部には平たい厚さ1.5cmほどの取っ手が付いており、持ち上げようとすると3㎝ほど上にしなります。また、触り心地は樹脂製のような感じで滑らないようになっているので、わりと持ちやすい印象です。

下側は両サイドに地面と接着する面が設けてあり、フィルムを取れば滑り止めになっています。また、英語表記ですがポータブル電源のスペックが記載してあります。

らむね

全体的なデザインが非常にシンプルな作りとなっているので、誰にでも使いやすいような印象を持ちました!

⇧ 目次へ戻る

サイズ/重量

容量が240Whで出力口が9ヶ所もあるにも関わらず、サイズは約24×20×8.6cm (横×高さ×幅)と、非常にコンパクトです。

また、重量も約3.6kgと持ち運びしやすい軽さになっています。

付属品

付属品
・ACアダプター
・シガレットライター
・メスアダプター
・MC4-DC転換ケーブル
・USB-Type Cケーブル
・取扱説明書

付属品は上記の6点となります。

一般的になりつつあるUSB-TypeCケーブルや車で充電するためのシガレットライターが付属されているのは嬉しいですね。

ただ、電源本体を急速充電するためにUSB-TypeCケーブルで充電したい場合は、USB-TypeCケーブルが接続できるアダプターを別途用意する必要があります。

画面/モニター

モニターには本体の電池残量が5段階の電池マークで表されています。

12VとUSBは常に表示がされていますが、ACについてはACを使う前に点灯させる必要があるのと、ソーラーパネルで充電している際は太陽のマークが電池マークの右横に表示されます。

らむね

INPUTやOUTPUTの電力が表示されないのは少し寂しい。

⇧ 目次へ戻る

LEDライト

本体右側の側面にはLEDライトが付いており、懐中電灯モードと2点灯モードがあります。

懐中電灯モードは停電時やキャンプの際に役立ち、2点灯モードはSOS信号モードがあり救援を求める事ができるようになっています。

らむね

本体がわりと軽いので懐中電灯としての活躍にも期待!

安全性/安全認証マーク

CTECHiポータブル電源200Wは電気用品安全法の基準に適合した電化製品にのみ掲示されるPSEマークを取得しているので、安全性の高いポータブル電源と言えます。

らむね

多くのデバイスを繋げるので安全性が高いのは安心!

保証内容/保証期間の延長

商品に満足いかなかった場合は商品到着後30日以内であれば交換や返金の保証があり、商品が壊れてしまった場合は1年以内であれば無償修理や交換の保証があります。

また、付属品の中に保証期間を1年から2年に延長する方法についての案内も同封されていました。申請方法は指定のメールアドレスに注文番号を送るだけで完了。

らむね

ポータブル電源は高価な商品なので保証が付いているのはありがたいですね!

⇧ 目次へ戻る

CTECHiポータブル電源200Wを使ってみて良かった点/メリット

実際にCTECHiポータブル電源200Wを使ってみて良かった点を紹介していきます。

らむね

気になるところをタップすると詳細へ飛べるよ!

それでは順番に紹介していきます。

最大9つのデバイスを同時に稼働させられる

CTECHiポータブル電源200Wの出力口は、一般的な家電が使用できるACコンセントが2口 、USB-Aが3口、USB-Cが1口、DCポートが3口の計9ヶ所。

CTECHiポータブル電源200Wには9個も出力口が付いており、スマホ・タブレット・ハンディファン・ゲーム機などの複数のデバイスを同時に接続することができるので、1台あれば家族みんなで使うことができます。

特にキャンプ中はスマホやハンディファンなどを充電・稼働させたいタイミングは家族でかぶりやすいので、これだけ出力口があればみんなで同時に使えますね。

らむね

出力口が多いのはファミリーにとってはとても心強いですね!

充電・給電中に本体が熱くならない

充電や給電をしている最中に何度か電源本体を触ってみましたが、熱くなることは1度もありませんでした。

リン酸鉄リチウム電池のおかげか、本体の冷却機能がしっかりと機能しているようです。

⇧ 目次へ戻る

電源本体の急速フル充電ができる

デュアル急速充電テクノロジーにより、AC45WとPD60Wで同時に充電することにより最短約2.7時間でフル充電が可能です。

急いで充電したいときには非常に役立ちますね。

我が家はPD60W対応のアダプタを持っていないので、同時充電は試すことができませんでしたが、ACコンセントのみだと6時間くらいでフル充電できました。

らむね

PD60W対応のアダプタが手に入り次第すぐに試したいと思います!

リン酸鉄リチウム電池で安全性が高く寿命が長い

ポータブル電源に使われているリチウムイオン電池の中でも、自動車によく使われているリン酸鉄リチウム電池を使う事で、熱安定性や安全性が非常に高くなっています。

また、一般的なリチウムイオン電池の充放電回数が300~500回なのに比べて、リン酸鉄リチウム電池は充放電サイクルが2,000回と寿命も非常に長くなっており、安全性や寿命の面でワンランク上の電池と言えるでしょう。

らむね

こればっかりは実感するまでに何年もかかるので、実感できるまで使い続けてみますね!

パススルー充電ができる

パススルー充電とはポータブル電源の本体を充電中でも他のデバイスに給電ができる仕組みのことです。

パススルー充電に対応していれば、室内で本体とデバイスを同時に充電したり、キャンプや災害時に野外でソーラーパネルを使い本体を充電しながら他のデバイスに給電ができたりと非常に役に立ちます。

⇧ 目次へ戻る

スリムでコンパクトなので持ち運びがしやすい

サイズが約24×20×8.6cm (横×高さ×幅)とコンパクトで、重さが3.6kgと軽いので非常に持ち運びがしやすいです。

我が家はキャンプによく行きますが荷物が多く車への積み込みに毎回苦戦するので、コンパクトで場所を取らず、キャンプ場での持ち運びが軽くて楽なのは非常に嬉しく思いました。

らむね

女性でも楽々に持ち運べるはずです!

必要な機能が十分に備わっており非常にコスパが良い

我が家は冬以外のキャンプに行くことが多いのでキャンプで1泊する程度ならCTECHiポータブル電源200Wの容量で十分足りますし、キャンプ場で使うための必要な機能もしっかりと揃っています。

この機能性でAmazonでの価格が17,800円(常時1,000円クーポンあり)なのは、非常にコスパが良いです。

らむね

Amazonのタイムセールでこれ以上安くなるのも本当にすごい!

Amazonのタイムセールで17,800円から14,240円(20%OFF)になることも多く、さらにコスパが高くなります。

CTECHiポータブル電源のセール情報はこちら

⇧ 目次へ戻る

CTECHiポータブル電源200Wを使ってみて気になった点/デメリット

実際にCTECHiポータブル電源200Wを使ってみて気になった点を紹介していきます。

らむね

気になるところをタップすると詳細へ飛べるよ!

それでは順番に紹介していきます。

充電・給電中の音が気になる

本体の充電中やデバイスへ給電しているときに、定期的にファンの音が大きくなるのが気になりました。

もう少し音が小さいと嬉しいんですけどね。

らむね

慣れれば気にならなくなるのかもしれませんが。

充電中のポータブル電源の動画

本体をACアダプタで充電するとアダプタが熱くなる

本体をACアダプタで充電している際に気づいたのですが、ACアダプタがかなり熱くなっていました。

火傷するほどの熱さではないですが、かなり熱いので触らないように注意が必要。

電池残量が何%と数字で分かるとより良かった

電池の残量が何%と表示されてくれると詳細な残量がわかるので、より良かったかなと思います。

また、INPUTやOUTPUTの電力が表示されると、接続するデバイスの電力管理がしやすくなるので、ここも表示されたらより良かったです。

らむね

価格がかなり抑えられているので、ここら辺は妥協点かもですね。

⇧ 目次へ戻る

CTECHiポータブル電源200Wで稼働できたデバイス

実際にCTECHiポータブル電源200Wで稼働できたデバイスを紹介しますので、参考にしてください。

iPhone、ハンディファン、サーキュレーター(強)、扇風機(強)、Switch、タブレット、ノートパソコン、プリンター(写真印刷)

この他にも検証すべきものが見つかりましたら追加していきます。

らむね

これだけ稼働できれば十分よね!

⇧ 目次へ戻る

CTECHiポータブル電源200WのAmazonセール情報

CTECHi様よりAmazonのセール情報をいただきましたので紹介させていただきます。

商品セール価格セール期間商品ページ
14,240円
17,800円
7月12日,13日
(プライムデー)
詳細を見る

まとめ:音さえ気にしなければコスパ最高のポータブル電源!

この記事では『CTECHiポータブル電源200Wをレビュー|安全で寿命の長い電池を使用したコスパの良いポータブル電源』について書いてきました。

安全性が高く寿命の長いリン酸鉄リチウム電池を使い、軽量でコンパクトなサイズ感が非常に魅力的なポータブル電源でした。

定期的になり始めるファンの音が少し気になりますが、そこを除けば安全で優秀な電池を使用し、同時に9つのデバイスへ給電できる出力口、本体の急速フル充電、デバイスへの急速給電、パススルー充電を備えた非常にコスパの良いポータブル電源だと感じたので、コスパ重視でポータブル電源を探している方には非常にオススメできます。

らむね

返品・交換保証もしっかりついているので、ぜひ検討してみてくださいね!