Jackeryポータブル電源のレビュー記事はこちら≫≫≫

ダイソーの鉄製ペグをレビュー|実際に使って見たらショックなことが

ダイソースチールペグ

100均のDAISOで鉄製ペグが販売されていたので購入して実際に使ってみました。

正直なところ100均クオリティだなと感じましたし30cm以上のペグは1本200円するので、他にコスパの良いスチールペグを知っている身からすると、リピートで買うことはないでしょう。

とは言え、実際の使い心地が気になる方もいると思いますので、スペックやデザイン実際に使って見た感想をレビューしていきます。

らむね

ダイソーのペグにこだわりが無ければ、以下の記事からコスパの良いスチールペグを検討してみてくださいね。

コスパ最高の鉄製ペグはこちら

目次

ダイソーの鉄製ペグのレビュー

ダイソースチールペグ

ダイソーのスチールペグのスペックやデザインをレビューしてきます。

らむね

サクッと解説していきますね!

スペック

メーカー商品名DAISO 鉄製ペグ(マーカー付き)
サイズ15cm,20cm,30cm,40cm,50cm
重さ20cm:126g
30cm:183g
カラーブラック
素材鉄製
価格15cm,20cm:100円(税抜き)
30cm,40cm,50cm: 200円(税抜き)

サイズは5種類と非常に幅広い長さが販売されており、価格は20cmまでは1本100円で30cm以上は1本200円となります。

らむね

長さが色々と選べるのは嬉しいけど、30cm以上は1本200円するのはそこまで安くないですね。

デザイン/外観

ダイソースチールペグ

ペグの支柱部分は一般的なデザインとなっておりますが、フック部分が少し特徴的です。

ダイソースチールペグ
soomlommのスチールペグと比較

安くて丈夫な鋳造ペグの中で人気のsoomloomのスチールペグと比べるとフック部分が特徴的なのがよくわかりますね。

ペグの先端部分は割と鋭くなっており、フック部分はペグマーカーが付いているのが特徴的です。

らむね

デザインや外観は普通のペグと比べても、100均だからと悪い感じはしないですね。

ダイソーの鉄製ペグを実際に使った感想

ダイソースチールペグ

ここからは、実際にダイソーの鉄製ペグを地面に打ちこんでみた感想を書いていきます。

簡単に感想をまとめると以下のとおりです。

ペグ先端の耐久性が想像以上に低い

実際に20cmと30cmのペグを使って見ましたが、1回使っただけで両方とも先端がつぶれました

ダイソースチールペグ

1回使っただけでここまで先端がつぶれてしまうと、使っていくうちに地面への刺さり具合がどんどん悪くなってしまうので、長く愛用するのは難しいでしょう。

らむね

これは実際に使うまで想像できませんでしたね。

フック部分の溶接が甘い

ダイソースチールペグ

ペグ抜きに使うフック部分の溶接が一部のみしかされておらず、溶接の甘さを感じます。

ダイソースチールペグ

何度かペグ抜きをしているうちにフック部分が取れるのが目に見えます。

実際にSNSでフック部分が取れたとのつぶやきも多いので、長く愛用するのは難しいでしょう。

らむね

フック部分が外れたらただの棒となり使い物になりませんからね。

持ち運ぶには少し重い

ダイソースチールペグ

スチールペグなので普通と言えば普通なのですが、長さ30cmのペグ1本で約183gもあるので、11本持って行くだけで約2kgと持ち運ぶのは割と大変です。

この重さ問題はスチールペグを選ぶ時点で避けられないですし、重いおかげで地面の中での固定力が上がるというメリットもあるので、考え方によって良くも悪くもなります。

らむね

持ち運ぶなら専用のペグケースは用意したいところですね。

地面への刺さり具合は悪くない

ダイソースチールペグ

新品の状態でペグ打ちをしてみましたが、思ったよりしっかりと刺さっていく感じでしたので、新品での使い心地は悪くないです。

ただ、ペグの先端がどんどんつぶれていくので、この刺さり具合は悪くなっていくでしょう。

地面の中でしっかりと固定できる

ダイソースチールペグ

実際に地面に刺さっている状態でグイグイ動かしてみましたが、しっかりと固定されていて固定力は十分にあると感じました。ただ、綺麗な円柱型なのでエリッゼステークのような楕円形のペグなどに比べれば固定力は劣るでしょう。

らむね

風の強いキャンプ場やタープに使うのは少し怖い気ですね。

マーカーが付いていて少しお得感

ダイソースチールペグ

夜間の暗闇でもペグが見つけやすいように、マーカーが付いているのが嬉しいです。

らむね

夜はペグが見えにくく足を引っかけやすいので、付いているだけですこし安心感が増します。

まとめ: ダイソーの鉄製ペグよりコスパが良く丈夫なペグはある

この記事では『ダイソーの鉄製ペグのレビュー』について書いてきました。

実際に使って見た感想でもお伝えしましたが、ペグ先端の耐久性の低さやフック部分の溶接の甘さを考えると、個人的にはダイソーのスチールペグはあまりオススメできません

また、30cm以上のペグの価格が1本200円するのも安いという感覚は持てず、他に安くて頑丈なスチールペグは色々とあるので、そちらを検討したほうが良いと感じました。

らむね

このクオリティで100円で買えないなら、100均で買うメリットはかなり薄いと思いますね。

コスパ最高のスチールペグはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次