キャンプ用品

ファミリーキャンプに最低限必要なものは?キャンプデビューは荷物を少なくしよう!

こんにちは!キャンプ大好きらむねです。

ファミリーキャンプをするに最低限準備しておかないといけないキャンプ道具がありますが、最低限の準備と言いつつもかなりの量のキャンプ道具が必要です。

しかも、必要そうだからと言って闇雲に道具を買いまくると、車に積み込めなくなってしまったり、想像以上に費用が掛かってしまったなどといった失敗にもつながります。

そこで、この記事では何度もファミリーキャンプに行っている私が、最低限必要な持ち物とファミリー向けの道具を選ぶポイントをわかりやすく紹介していきます。

それでは、『ファミリーキャンプに最低限必要なものは?キャンプデビューは荷物を少なくしよう!』について書いていきます。

らむね

我が家愛用のファミリー向けの道具もあわせて紹介していきますので、道具に迷ったら同じものを買ってもらえれば大丈夫です!

ファミリーキャンプに最低限必要な持ち物をわかりやすいように、使用場所別にまとめてみました。

らむね

気になる道具をクリックすると、わかりやすい解説へ飛べるようになっています!

ファミリーキャンプに最低限必要な持ち物

寝床関連食事関連
テント焚き火台・BBQコンロ
ペグハンマー炭・薪
グランドシート着火剤・ライター
インナーシートトング・火ばさみ
インナーマット軍手・耐熱グローブ
寝具(シュラフ)食器類(お皿・お箸など)
ライト・ランタンその他
リビング関連入浴・洗面グッズ
テーブル虫除けグッズ
チェア雨具
ライト・ランタン応急セット
 就寝時・予備の着替え

やはり、実際に書き出してみると最低限必要なものとは言いつつも、かなりの量になってしまっていますね。

ただ、これらの道具が無いとキャンプ場で困ってしまうので必ず用意して欲しいです。

それでは、それぞれについて簡単に解説していきます。

⇧ 目次へ戻る

ファミリーキャンプに最低限必要なもの|1個ずつ簡単に解説

ファミリーキャンプで最低限必要な持ち物を1個ずつわかりやすく紹介していきます。

最初の方に紹介する寝床関連が1番重要になってくるので、とことん悩んで納得できる物を買ってくださいね。

また、中盤から終盤にかけて紹介するリビング付近や食事関連に必要な道具は、日中のキャンプをどれだけ楽しめるかに関わってくるのでしっかり用意しましょう!

テント

キャンプ場で寝泊まりをするためには『テント』が必要です。

テントはドームテント2ルームテント、通気性に優れたものや遮光性に優れたものなど様々な特徴があり、サイズに関しても1人用、2人用、3~4人用など様々なサイズが展開されています。

サイズ選びに関しては、テントの中に荷物を入れることを考慮して『自分達の人数+1人』の人数に対応しているテントを選びましょう。

テントの快適さでキャンプの充実感がかなり変わるので、すこしお金を出してでも快適に過ごせそうなテントを選ぶことをおすすめします。

人数の多いファミリーキャンプならリビングと寝室がわかれている2ルームテントが、広くて快適に過ごせるのでおすすめです。

らむね

テントは他の道具よりも高価で重要なので、悩みに悩んで決めてほしいです!

我が家愛用のテントは『コールマン タフスクリーン2ルームハウスLDX+』です。

名前のとおり広いリビングも寝室もある2ルームテントで、通気性も良く遮光性も抜群なので非常に快適ですごく気に入っています。

⇧ 目次へ戻る

ペグハンマー

テントを設営する際にテントを地面に固定する『ペグ(大きな釘のようなもの)』を、地面に打ち込むために必要なのが『ペグハンマー』です。

テントを購入すると付属品として『プラスチックハンマー』がついていることがありますが、柔らかい地面でないと全然打ち込めないので、専用のペグハンマーを購入しましょう。

また、ファミキャンの場合は家族で手分けして設営ができるので、ペグハンマーを2本用意しておくと効率よく設営できます。

ペグハンマーはヘッドの部分が丈夫な素材でグリップが持ちやすく重量感のある物を選ぶことで、ペグをガンガン打ち込むことができます。

らむね

安いからと言ってよくわからない無名メーカを選ぶとペグ打ちで苦労します…

我が家愛用のペグハンマーは『ロゴスのパワーペグハンマー』と『スノーピークのペグハンマーPRO.』です。

どちらも丈夫なヘッド素材で適度な重量があり、グリップも握りやすく安全ベルトもあるので非常に使いやすく気に入っています。

ロゴスのパワーペグハンマーのレビュー記事はこちら

⇧ 目次へ戻る

グランドシート

グランドシートとはテントの下に敷くことで、雨によるテント内への浸水を防いだりテントの床を汚れから守って劣化を防ぐことができるシートのことです。

この他にも、地面からの冷気を軽減したり寝る時に地面の凸凹を感じにくくしてくれる効果がありますので必ず用意しましょう。

レジャーシートやブルーシートなどで代用するのは耐久性が足りずすぐにボロボロになってしまうので、専用のグランドシートを買うことをおすすめします。

テントの四隅から引っ張って敷けるようにテント全体の大きさではなく、インナーテントの大きさに合わせたものを選ぶのがポイント。

我が家愛用のテント『コールマン タフスクリーン2ルームハウスLDX+』に、ピッタリなのが『コールマン テントシートセット3025』です。

らむね

インナーシートとセットになっているのでサイズも安心。

※コールマンでも2ルームテントの種類によって適応サイズが変わるので注意。

⇧ 目次へ戻る

インナーシート

インナーシートとはテントの設営と同時にテント内に敷いておくことで、地面の凸凹を軽減しテント内で過ごしやすくしてくれるシートのことです。

また、地面からの冷気も軽減してくれるるので必ず用意するようにしましょう。

ペラペラのインナーシートより少し厚みのあるものを選ぶと良いです。

インナーシートはテント内に敷くことになるので、テント全体の大きさではなくインナーテントの大きさに合わせたものを選ぶのがポイント。

我が家愛用のテント『コールマン タフスクリーン2ルームハウスLDX+』に、ピッタリなのが『コールマン テントシートセット3025』です。

らむね

グランドシートとセットになっているのでサイズも安心。

※コールマンでも2ルームテントの種類によって適応サイズが変わるので注意。

⇧ 目次へ戻る

インナーマット

インナーマットとはテントの中に敷くことで、地面からの冷気や地面の凸凹を軽減してくれたりと、テントでの睡眠を快適にしてくれる少し厚みのあるマットのことです。

インナーマットはインナーシートの上に重ね敷くイメージになりますが、断熱効果にすぐれた『銀シート』や、寝心地の良さにすぐれた『緑マット』などを購入することをおすすめします。

寒い時期でなければ緑マットだけで十分ですが、寒い時期は銀シートもあわせて敷くとでより断熱効果をより得ることができ就寝時も暖かく過ごせます。

我が家愛用の緑マットは『キャプテンスタッグ EVAフォームマット』で、銀シートは『キャプテンスタッグ シルバーキャンピングマット 200×100cm』です。

らむね

緑マットの方が少し高いけど断然寝心地が良い!

※コールマン タフスクリーン2ルームハウスLDX+の場合は、緑マットのダブルサイズを2つ持って行くと良いサイズ感になります。

※コールマン タフスクリーン2ルームハウスLDX+の場合は、銀シートを2つ持って行くと良いサイズ感になります。

⇧ 目次へ戻る

寝具(シュラフ)

テントで寝る際はインナーマットの上に直接寝転がって寝るわけではなく、寝袋などの寝具を使って寝るのが一般的です。

寝袋と言っても子どもが小さいうちは1人ずつの寝袋を用意しても、1人用の寝袋で寝るのを嫌がる可能性が高いので、布団のように並んで寝られる『ファミリー用の封筒型寝袋』を買うことをおすすめします。

寝袋には使用可能温度があるので、キャンプ場で1番冷え込む朝晩の温度に対応できるような使用可能温度の低い寝袋を選ぶことをおすすめします。

我が家愛用の寝袋は封筒型の『コールマン寝袋 ファミリー2in1 C5 使用可能温度5度』です。

家の布団で寝るように子供達と密着して寝られるので、子供達はいつも安心して寝てくれています。

らむね

掛け布団の首元がふっくらしており暖かいのと、敷布団が枕のように少し膨らんでいるのがお気に入りポイント!

※コールマン タフスクリーン2ルームハウスLDX+の場合は、2つ持って行くとピッタリサイズです。

※参考に少しお手頃価格の使用可能温度10度の寝袋も載せておきます。

⇧ 目次へ戻る

ライト・ランタン

夜間のキャンプ場は想像以上に真っ暗になるので、テント内を明るくするためにライトやランタンが必要です。

テント内で使うライトは、就寝時に常備灯のように照らしておくことのできる明るさ調整ができるものや、テント内で吊るしておけるように取っ手の付いたものを選ぶことをおすすめします。

また、小さなお子さんがいる場合は、ガスランタンやオイルランタンではなく、LEDランタンを選ぶと安全です。

テント内はそこまで明るくする必要もないので、費用を抑えたい場合は500ルーメンくらいの明るさのライトを買えば十分。

我が家愛用のテント内ライトは『ARJAN ランタン led 1000ルーメン』です。

らむね

明るさ調整や暖色/白色の切り替えができ、コンパクトで軽くて使いやすいので気に入っています!

⇧ 目次へ戻る

テーブル

何か物を置いたり作業をしたり食事をするにはテーブルが必要です。

ファミリーキャンプの場合は食事をする際に色々と場所を取るので、横幅120cm以上のテーブルを選ぶことをおすすめします。

大きすぎると車に積むときなどの収納に困ってしまうので、自分達の人数に合わせた適度なサイズを選びましょう。

収納時のサイズをコンパクトにするために、天板がロール式になっているロールテーブルを選ぶのがポイント。

我が家愛用のロールテーブルは『ハイランダー アルミロールテーブル 124×70cm』です。

ロールテーブルで組み立ても簡単で収納時がコンパクトになるし、アルミ製なのでふき取りなどのお手入れが非常に楽で気に入っています。

らむね

悲しいのがこのテーブルしばらく売り切れ状態なんですよ。みんなにも使って欲しいのに…

ハイランダー アルミロールテーブルのレビュー記事はこちら

⇧ 目次へ戻る

チェア

キャンプ場で腰を掛けて一息ついたり、焚き火やバーベキューを快適に楽しむには椅子が必要になります。

キャンプ用の椅子にはハイチェアとローチェアがありますが、初心者の方はハイチェアの方が使いやすいはずです。

また、収納時をコンパクトにするために折りたたみ式の椅子を選ぶのはもちろんですが、組み立て時に力が必要だったりと設営が難しい椅子もありますので、簡単に設営できる椅子を選びましょう。

椅子のフレームと布生地が分かれてるタイプは組み立てが難しい場合があるので、アウトドアショップで実際に試してから買いましょう。

我が家愛用のチェアは大人用が『LOGOS Life ダイニングチェア』で、子供用が『キャプテンスタッグ 起毛コンパクトチェア』です。

設営は簡単ですし座り心地も良く収納時もコンパクトなので非常に気に入っています。

らむね

子供用チェアはデザインも可愛いので、子供達もすごく気に入っています!

⇧ 目次へ戻る

ライト・ランタン

夜間のキャンプ場は想像以上に真っ暗になるので、テント付近を明るくするためにライトやランタンが必要です。

ファミリーキャンプの場合は複数人の行動範囲を照らす必要があるため、テント内用のランタンより明るいランタンを選びましょう。

また、テント付近には明るさの異なるランタンを2つ用意することで、より明るくでき虫も寄せ付けないようにできます。

ファミキャンのランタンの必要数・配置方法・明るさを解説した記事はこちら

我が家愛用のランタンは『コールマン クアッドマルチパネルランタン』です。

パネルライトは4つに外して使うことができ可動式の取っても付いているので、子供達と分け合って使うことができるのが非常に便利です。

また、取り外したパネルライトは自立し磁石で金属にくっつけることができるので、ポールや車にくっつけたりと色々なところで使えます。

らむね

キャンプ場の夜に子供達とパネルライトを分け合って探検しに行きます!

コールマンのクアッドマルチパネルランタンのレビュー記事はこちら

⇧ 目次へ戻る

焚き火台・BBQコンロ

キャンプでの食事と言えばBBQが主流ですが、ほとんどのキャンプ場では地面を守るために直火が禁止になっているので、BBQコンロや焚き火台が必要になります。

BBQだけでなく焚き火もしてみたいなと思う方は、BBQコンロではなくBBQも焚き火も両方楽しめる『焚き火台』を購入するのがおすすめです。

焚き火に最低限必要な道具はこちら

焚き火台は火が安定して燃え組み立てが簡単で、耐久性や安定性のあるものを選ぶのがポイント。

我が家愛用の焚き火台は『ユニフレームのファイアグリル』です。

ファイアグリルは組み立て簡単で炭や薪も入れやすく、四方に広がる脚で安定性も良く耐久性も抜群な非常に優れた大人気の焚き火台

ファイアグリルのレビュー記事はこちら

らむね

キャンペーン中なら100円で収納袋も買えますよ!方法は以下の記事にまとめています!

⇧ 目次へ戻る

炭・薪

バーベキューをするには『炭』か『薪』が必要になります。

薪は火起こしや火の調整が難しいので初心者がバーベキューをする場合は、火がつきやすく火の調整をしやすい『炭』を使うのがオススメ。

サバイバル感を味わうために薪でBBQがしたい方は、針葉樹の薪に比べて煙が少ない広葉樹の薪を使うのが良いですが、広葉樹は火が付きにくいので火起こしの難易度があがります。

らむね

火起こしに自信が無い方は焚き付けのしやすい針葉樹を使いましょう!

⇧ 目次へ戻る

着火剤・ライター

バーベキューをするには炭や薪に火をつける必要がありますが、チャッカマンやライターなどの火を薪に直接当てても火は付きません

なので、初めはライターの火などで簡単に燃え上がる着火剤に火を付けてから、徐々に火を薪に移していきます。

初心者の方は火起こしのために作られた着火剤を使い、サバイバル感を味わいたい方は火口(ほくち)での火おこしにチャレンジしてみるのも楽しいですよ。

初心者の方は火起こしで苦戦した場合を想定して着火剤は複数個用意し、ライターは火を付けやすい『ターボ式ライター』を選ぶのがポイント。

らむね

着火剤は100均で手に入るもので十分ですし、火口は麻紐や自然にあるものから作ることができます!

⇧ 目次へ戻る

トング・火ばさみ

バーベキューをする際は食材をつかむためのトングと、炭や薪をつかむための火ばさみが必要になります。

火ばさみはバーベキューなどのお肉を挟むトングとは少し違い、薪や炭をより掴みやすい形になっています。

らむね

食材と炭を触るわけですから、トングと火ばさみは別々に用意しましょうね!

我が家愛用のトングは『キャプテンスタッグのバーベキュー用トング』で、火ばさみは『キャプテンスタッグのウッドグリップトング』です

バーベキュー用トングは普通に掴みやすいですし、火ばさみは先端がギザギザになっており炭や薪を掴みやすく、グリップは持ちやすいウッドグリップなうえ開閉ストッパーがついてるので非常に使いやすいです。

⇧ 目次へ戻る

軍手・耐熱グローブ

BBQや焚き火をする際は様々な道具が熱くなりますので、作業をする際は必ず耐熱グローブか軍手を着用するようにしましょう。

耐熱グローブは軍手より耐熱性に優れ素材もしっかりしており頑丈なので、軍手より値は張りますが耐熱グローブを着用することをおすすめします。

らむね

ペグ打ちをする時にも着用するとより安全で良いですよ!

我が家愛用の耐熱グローブは『キャプテンスタッグ レザーグローブ牛革』です。

素材が牛革で頑丈なのに柔らかく内側が綿生地で着け心地が良いので気に入っています。

キャプテンスタッグのレザーグローブのレビュー記事はこちら

⇧ 目次へ戻る

食器類(お皿・お箸など)

食事をする際はお皿やお箸などが必要になります。

オシャレなお皿やお箸などを使うのも良いですが、食事の後に食器類を洗うのは結構大変なので、紙皿や紙コップ使い捨ての箸などを使うのがおすすめです。

らむね

初心者のうちはオシャレさより快適さを重視!

入浴・洗面グッズ

キャンプ場のお風呂にはタオルや着替えなどは置いていないので、自分で入浴グッズを持参する必要があります。

また、忘れガチですが寝る前や起床後に使う歯ブラシや歯磨き粉などの洗面グッズもしましょう。

らむね

キャンプとは言え、歯が磨けないのはちょっと辛いです。

虫除けグッズ

暑い時期のキャンプ場には蚊や蜂などの人を刺す虫がたくさんいますので、蚊取り線香や虫よけスプレーを持参しましょう。

また、他にもおにやんま君を使ったりランタンの配置を気を付けるなどして、虫を寄せ付けない対策をすることをおすすめします。

らむね

虫が嫌いで仕方ない人は虫がいない時期を狙ってキャンプ場へ行きましょう!

⇧ 目次へ戻る

雨具

キャンプ場の天気は非常に変わりやすいので、天気予報で晴れマークだったとしても、傘やレインコートなどの雨具を持参するようにしましょう。

テントの設営時などに雨が降ってきた場合、雨具がないと非常につらい思いをすることになります。

⇧ 目次へ戻る

応急セット

キャンプ場には地面がぬかるんでいたり、傾斜が多かったりと子供が転んでケガをしてしまう要素がたくさんありますので、薬や絆創膏などの応急セットを持参しましょう。

また、山道の運転で酔ってしまうこともあるので、酔い止めも持っておくと良いです。

らむね

2歳児、3歳児は本当に転びまくります…

就寝時・予備の着替え

キャンプ場の朝晩は非常に冷え込みますので、夏だからと油断せずに気温の変化に耐えられるような着替えを持参するようにしましょう。

また、子どもたちはキャンプ場で外遊びをしたりバーベキューをしていると、どうしても服を汚してしまう場合がありますので、予備の着替えも念のため持参するようにしましょう。

らむね

就寝時と予備で少なくとも2着は欲しいですね。

テントや寝袋などの高額な道具はレンタルで試してみよう!

ファミリーキャンプに最低限必要な道具を一通り紹介してきましたが、テントや寝袋などの高額な道具も必要になります。

テントなんかはファミリー用の大きい物を選べば10万円を超えるものもたくさんありますので、使い勝手のわからないまま購入してしまうのが不安な方は、買う前にレンタルをして感覚や使用感を確かめてみるのもオススメです。

キャンプ用品のレンタルで検索するとトップに出てくる『hinataレンタル』について、口コミや評判、メリット・デメリットなどをまとめた記事も書いていますのでよかったら参考にしてください。

hinataレンタルの口コミや評判は?キャンプ用品の種類・料金・送料まとめ

らむね

キャンプ場に直接道具を送ってくれたり初心者向けのセットが用意されていたりと非常にオススメですよ!

まとめ:最低限必要なものは必ず用意しましょう!

この記事では『ファミリーキャンプに最低限必要なものは?キャンプデビューは荷物を少なくしよう! 』について書いてきました。

紹介してきたとおりファミリーキャンプをするには、最低限の持ち物と言っても非常に多くの道具が必要です。

紹介した道具が無いとキャンプ場で困ってしまうので、必ず用意するようにしましょう。

らむね

最低限必要な持ち物が揃えられたら、あると便利な道具も順番に揃えていきましょうね!