火消し壺の代用おすすめ5選|代用品を選ぶポイント・注意点を徹底解説

火消し壺代用品
  • 火消し壺を忘れた
  • 火消し壺を持っていない
  • 火消し壺の代用品を選ぶポイントを知りたい

キャンプでバーベキューや焚き火の後の火を消したいんだけど、『火消し壺』を忘れてしまった。

何か火消し壺の代わりになるものって無いかな?

この記事では、「火消し壺を忘れてしまった方」や「火消し壺の代用品を探している方」のために、キャンプで持ち合わせている可能性のある物で火消し壺の代用になるものを紹介します。

それでは『火消し壺の代用おすすめ5選|代用品を選ぶポイント・注意点を徹底解説』を書いていきます。

らむね

とりあえず火消し壺が無くても何とかなります!

目次

火消し壺の代用品を選ぶ3つのポイント/条件

火消し壺の代用品を選ぶポイントは3つあります。

火消し壺の代用品を選ぶ3つのポイント

  • 蓋などである程度、隙間をなくすことができる
  • 耐熱性があり、炭の火に耐えることができる
  • 持ち運びがしやすい

それぞれの選ぶポイントについて、わかりやすく解説します。

[jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]ある程度隙間をなくすことができる
炭の火を早く消すには、炭を入れた状態でしっかりと密閉し酸素をなくす必要があります。
しかし、代用品の場合は耐久性が足りず膨張して爆発してしまう可能性があるので、完全に密閉はしないようにしてください。

[jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]耐熱性がある
炭の温度は最大で1,000℃を超える場合もあります。
なので、耐熱性に優れていないと、炭を入れたときに燃えてしまったり変形してしまうので耐熱性が必須です。

[jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]持ち運びがしやすい
薪や炭は火を消して終わりではありません。
炭の火を消した後は、炭を灰捨て場に運んだり持ち帰ったりする必要があるので、代用品の持ち運びのしやすさも重要になってきます。

⇧ 目次へ戻る

火消し壺の代用品として使える条件を満たしており、キャンプに持ち合わせている可能性の高いものや、安価に手に入るものの中から厳選して5つを紹介します。

火消し壺の代用になるもの厳選5選

  • 蚊取り線香
  • お菓子の缶
  • 飯盒(飯ごう)
  • オイルポット
  • 土鍋

上記の5つが厳選した火消し壺の代用品になります。

それぞれについて、おすすめの理由などをわかりやすく解説していきます。

⇧ 目次へ戻る

蚊取り線香

火消し壺の代用品として1番おすすめしたいものが、『蚊取り線香』の入れ物です。

蚊取り線香の入れ物は、中で火をつけて使うことが想定されているため、耐熱性に優れています。

また、蓋もついておりしっかりと密閉することができ、取っ手もついているので代用品としてはかなり有能なものになります。

一度火消し壺の代用品として使っても、再び蚊取り線香としても使えるのが何よりもの魅力です。

お菓子の缶

次に火消し壺の代用品でおすすめしたいのが、ディズニーなどでよく見るような『お菓子の缶』です。

このようなお菓子の缶は耐熱性を備えており蓋もついているので、代用品に適しています。

ただ、缶は熱で熱くなりやすいので、軍手をつけるなどして火傷しないように気を付ける必要があります。

⇧ 目次へ戻る

飯盒(飯ごう)

次に火消し壺の代用品でおすすめしたいのが、『飯ごう』です。

飯ごうはキャンプに持ち合わせている可能性が非常に高く、耐熱性にもかなり優れているので、火消し壺の代用品にはかなり良いです。

ただ、一度火消し壺の代用品として使ってしまうとかなり汚れてしまうので、今後も飯盒を料理に使うのであれば、代用品にするのはなるべく避けた方が良いでしょう。

オイルポット

次に火消し壺の代用品でおすすめしたいのが、『オイルポット』です。

オイルポットは耐熱性にもかなり優れているので、火消し壺の代用品に適しています。

ただ、一度火消し壺の代用品として使ってしまうとかなり汚れてしまうので、今後もオイルポットとして使うのであれば、代用品にするのはなるべく避けた方が良いでしょう。

ダイソーなどの100均にもオイルポットは売られているので、それぐらいの金額であれば火消し壺の代用品にしてしまっても良いですね。

⇧ 目次へ戻る

土鍋

次に火消し壺の代用品でおすすめしたいのが、『土鍋』です。

土鍋は非常に耐熱性にすぐれているので、火消し壺の代用品に適しています。

ただ、一度火消し壺の代用品として使ってしまうとかなり汚れてしまうので、今後も土鍋を料理に使うのであれば、代用品にするのはなるべく避けた方が良いでしょう。

⇧ 目次へ戻る

火消し壺の代用品を使う際の3つの注意点

火消し壺の代用品を使う際の注意点を3つ紹介します。

火消し壺の代用品を使う際の3つの注意点

  • 炭を入れても完全に密閉しない
  • 使用する際は必ず軍手をする
  • 長時間目を離さない・過信しない

それぞれについて、わかりやすく解説していきます。

[jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]完全に密閉しない
紹介してきた火消し壺の代用品は、あくまで代用品なので『火消し壺』と同じように完全に密閉するのは危険です。
なぜなら、炭を入れて完全に密閉をしてしまうと膨張して爆発してしまう可能性があるので、少し隙間を空けておく必要があります。

[jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]必ず軍手をする
火消し壺を使う際も同じですが、最大1,000℃を越える炭を扱うわけですから、火傷を防止するために必ず軍手を装着してください。
取っ手がついている場合も同様に、取っ手の部分が熱くなっている可能性があるので、軍手の装着は必須です。

[jin_icon_checkcircle color=”#e9546b” size=”18px”]代用品を過信しない
火消し壺も同様ですが、炭を移した後は放置しておけば良いなどと、長時間目を離したりしないようにしてください。
あくまで火が付いたものになるので、万が一に備えるようにしてください。

代用品がイマイチの場合は正規の「火消し壺」を使う

紹介してきた火消し壺の代用品を実際に使ってみると、十分に火消し壺の役割をしてくれます。

しかし、火消し壺と比べて火を鎮火するスピードが遅かったり安全性の確保ができない、耐熱性や持ち運びやすさの点で劣る部分があります。

火消し壺は数千円で買うことが出来るため、緊急的に火消し壺が必要になってしまった場合以外は、安全を考慮して代用品ではなく火消し壺を使う事をおすすめします。

我が家が使っている『キャプテンスタッグの火消し壺・火起こし器セット』は、機能性はもちろんのこと火起こし器の役割も備えているため、とても便利な火消し壺です。

らむね

迷うようであれば、『キャプテンスタッグの火消し壺・火起こし器セット』をおすすめします。

≫火消し壺のおすすめ人気ランキング5選をまとめた記事はこちら

あわせて読みたい
火消し壺の使い方とおすすめ人気ランキング5選|選び方と機能性も紹介【最新2022年版】 火消し壺の使い方を知りたい火消し壺のおすすめを知りたい機能性に優れた自分に合う火消し壺を知りたい キャンプで焚き火やバーベキューをした後の炭の火を消す際に大活...

まとめ:代用品はあくまで緊急的に使う

この記事では、『火消し壺の代用おすすめ5選|代用品を選ぶポイント・注意点を徹底解説』について書いてきました。

火消し壺の代用になるもの厳選5選

  • 蚊取り線香
  • お菓子の缶
  • 飯盒(飯ごう)
  • オイルポット
  • 土鍋

⇧火消し壺の代用品に戻る

火消し壺の代用品を使う際は、安全性を確保するためにしっかりと注意点を理解しつつ使うようにしましょう。

火消し壺の代用品を使う際の3つの注意点

  • 炭を入れても完全に密閉しない
  • 使用する際は必ず軍手をする
  • 長時間目を離さない・過信しない

また、代用品はあくまで緊急的に使う事を推奨しますので、 可能であれば正規の『火消し壺』を購入して安全に快適に火を消しましょう。

あわせて読みたい
火消し壺の使い方とおすすめ人気ランキング5選|選び方と機能性も紹介【最新2022年版】 火消し壺の使い方を知りたい火消し壺のおすすめを知りたい機能性に優れた自分に合う火消し壺を知りたい キャンプで焚き火やバーベキューをした後の炭の火を消す際に大活...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次