ペグ・ペグハンマー

村の鍛冶屋のペグ『エリッゼステーク』をレビュー|楕円形状が魅力的な最高の鍛造ペグ

村の鍛冶屋エリッゼステーク

こんにちは!
ペグコレクターのらむねです。

我が家は最も強度の高い鍛造ペグの中で、1,2位を争うほど人気のペグ『村の鍛冶屋のエリッゼステーク』を愛用しています。

皆さんの中には、この『エリッゼステーク』が気になってはいるものの、価格が高いので購入を迷っているという方も多いはずです。

そこで、この記事では何度もキャンプ場でこのペグを使っている私が、実際に『ペグ打ち』や『ペグ抜き』をしてみた感覚を徹底レビューしていきます。

それでは『村の鍛冶屋の鍛造ペグ『エリッゼステーク』をレビュー|楕円形状が魅力的な最高の鍛造ペグ』について書いていきます。

メリット
デメリット
  • 鍛造ペグでどんなに硬い地面でもガンガン打てる
  • 楕円形状でペグが抜けにくい
  • 楕円形状でペグが抜きやすい
  • 重さがありフックまで刺さるのでペグが抜けにくい
  • 防錆性能が非常に高く錆びにくい
  • 選べる長さとカラーが豊富
  • 曲がっても叩いて直せる
  • 鍛造ペグの中ではコスパ最高
  • 所有欲を満たせる
  • 鍛造ペグなので重くて持ち運びは少し大変
  • ペグ抜きがないと抜きにくい

村の鍛冶屋のエリッゼステークのレビュー

まずは、村の鍛冶屋の鍛造ペグ『エリッゼステーク』の特徴、外観/デザイン、長さ/重さ、スペックについてレビューしていきます。

それでは、特徴から確認していきましょう。

特徴

村の鍛冶屋エリッゼステーク

村の鍛冶屋の鍛造ペグ『エリッゼステーク』の特徴は以下のとおりです。

  • 強度が最高の鍛造ペグ
  • 円柱状ではなく楕円形状
  • 楕円形状なので抜けにくい
  • 楕円形状なのでひねると抜きやすい
  • 防錆性能に優れたカチオン電着塗装
  • 重さが約190gと重め
  • 鍛造ペグの中では安くコスパが良い

簡単にまとめると、ペグの中で最強の強度と言われる鍛造ペグなので、硬い地面でもガンガン打ち込むことができるうえ、楕円形状にすることで地面の中で勝手に回転せず抜けにくくなっているペグです。

らむね

最強ペグにもかかわらず、鍛造ペグの中では非常にコスパが良い!

外観/デザイン

村の鍛冶屋エリッゼステーク

全体のデザインとしてスノーピークの元祖鍛造ペグ『ソリッドステーク』に似ており、王道の鍛造ペグのデザインとなっています。

ヘッド付近には『ELLISSE』と刻んであり、中腹には『MADE IN JAPAN』と刻んであり、味が出ていてかっこいい。

ぱっと見だとわかりにくいですが、よく見ると一般的な円柱状とは違い楕円形状となっているのがわかります。

この楕円形状がエリステのこだわりポイントで、楕円形状にすることで地面の中でペグが回転するのを防ぎ勝手に抜けるのを防いでくれるうえ、グイっとひねってから引っ張れば簡単にペグ抜きができます。

らむね

実はエリッゼ(ELLISSE)とはイタリア語で『楕円』を意味するんですよ!

長さ/重さ

エリッゼステークの長さは18㎝、28㎝、38㎝、48㎝と4種類作られているので、タープ用にもテント用にも使えます。

また、鍛造ペグなので重さは28㎝で約190gとかなり重めになっていますので、地面にはガンガン刺さり安定するでしょうが、同時に複数本を持ち運ぶのは少し大変ですね。

スペック

メーカー商品名村の鍛冶屋 エリッゼステーク
サイズ280mm
(180mm,280mm,380mm,480mm)
重さ約190g
材質スチール製
防錆カチオン電着塗装
ホールあり
価格8本:2,992円
1本の価格約370円

王道にして最強の鍛造ペグ『ソリッドステーク』と非常に近いスペックにも関らず、1本あたりの価格が約370円とソリステより100円以上も安く、鍛造ペグの中では抜群にコスパが良いです。

⇧ 目次へ戻る

村の鍛冶屋のエリッゼステークを実際に使ってみた感想

村の鍛冶屋の鍛造ペグ『エリッゼステーク』を実際に使ってみたので感想や使用感を書いていきます。

簡単に感想をまとめると以下のとおりです。

  1. どんなに硬い地面でもガンガン刺さる
  2. 楕円形状で勝手に抜けない
  3. 楕円形状で地面でひねると抜きやすい
  4. 選べる長さとカラーが豊富で良い
  5. カチオン電着塗装で防錆性能に優れているのが良い
  6. 曲がっても直せるので長く使える
  7. 持っているだけで所有欲を満たす
  8. 重くて持ち運びが少し大変
らむね

鍛造ペグが欲しいならコレを買えば間違いないですね!

それでは、それぞれについてわかりやすくお伝えしていきます。

どんなに硬い地面でもガンガン刺さる

エリッゼステークは素材の丸い鋼材を約1100℃になるまで真っ赤に熱し、約1トンという強力な力で一気に潰した鍛造ペグなので非常に強度が高いです。

多少の石なら砕きながら進むほど強度が高く、約190gとずっしりとした重さもあるので、硬い地面でもガンガンと地面に刺さっていきます。

らむね

ガンガン地面に刺さっていく感覚は、一度使ったら他のペグには移れないほど最高の気分になります!

楕円形状で勝手に抜けない

鍛造ペグ

ペグはテントやタープが風の影響を受けて引っ張られることで抜けてしまう場合がありますが、エリッゼステークは楕円形状になっているので、風などの影響を受けても地面の中で回転しにくく、勝手に抜けてしまうのを防いでくれます。

また、楕円形状なだけでなく重さもしっかりとあるので、台風のような強風が吹くなどのことが無い限りペグが抜ける事はないでしょう。

らむね

このペグが抜けてしまうような時は、ペグの打ち方が悪いかテントを張れるようなコンディションの日ではなかったということですね…

楕円形状で地面でひねると抜きやすい

エリッゼステークは楕円形状になっているので、ペグ抜きで引っ張る前にグイっと90度ひねってから引っ張ると、地面の中で隙間ができ簡単にペグが抜けます。

らむね

ペグを抜く時のコツはグイグイとひねりながら引っ張る!

また、ひねれば簡単に抜けるので、余ったペグでもひねりながら抜けば簡単に抜くことができます。

ペグ打ちほどでは無いですが、ペグ抜きもわりと大変な作業なので、この作業が簡単に済むのは非常に嬉しいです。

エリステのおかげで、ペグ抜きがサクサク進み撤収作業が早くなりました。

選べる長さとカラーが豊富で良い

エリッゼステークは長さが4種類もあるので、18cmはグランドシートや軽量テント、28㎝は通常のテントやタープ、38㎝や48㎝は柔らかい地面や砂浜にも使えたりと、あらゆるシチュエーションに対応しており非常に万能です。

4種類もあるので逆に悩んでしまうかもしれませんが、一般的な土や砂利のキャンプサイトで通常サイズのテントやタープを使うのであれば28㎝がオススメ。

らむね

我が家はコールマン タフスクリーン2ルームハウス LDX+を使っていますが、28㎝で十分ですよ!

また、カラーも10種類以上と非常に多くの色が用意されているので、自分好みの色を買うことも他のキャンパーと被らないようにすることもできます。

一般的な黒色を私も愛用していますが、地面に同化してしまい見つけづらい時があるので、地面に置いておいても探しやすい赤色などを買うのも良いですね。

カチオン電着塗装で防錆性能に優れているのが良い

鍛造ペグはスチール製なので比較的にさびやすいようになっているのですが、エリッゼステークはカチオン電着塗装がしてあり非常に防錆性能に優れています

ただし、カチオン電着塗装がしてあるからといってメンテナンスを怠ると錆びるのが早くなってしまうので、ペグを使い終わった後は水分や汚れを雑巾でしっかりと拭き取りましょう。

らむね

しっかりとメンテナンスをして長く使いましょう!

曲がっても直せるので長く使える

ペグはペグ打ちをしていると段々と曲がってきてしまうのですが、耐久性が非常に高い鍛造ペグなので曲がってしまっても叩いて直すことができます。

ピンペグや鋳造ペグも叩いて直せたりしますが、叩いて直しているうちに金属疲労により早々に使えなくなってしまいます。

なので、鍛造ペグの中でも最高級の品質を持つエリッゼステークならば、万が一に曲がってしまっても叩いて直すことができるので非常に長く使うことができます。

持っているだけで所有欲を満たす

ベテランキャンパーなら誰もが知っているであろう最高峰のペグ『エリッゼドステーク』を持っているだけで、所有欲がかなり満たされます

最高級ペグなので綺麗なまま保管したい気持ちも沸いてきますが、ガンガン使って使用感溢れるワイルドな感じにしていきましょう。

らむね

エリステを持ってるだけで本当にウキウキしちゃいます!

重くて持ち運びが少し大変

長さ28㎝のペグ1本の重さが約190gもあるので、車に積み込む際やペグ打ちする際に数本持って移動するのは少し大変に感じました。

なので、徒歩キャンプやツーリングキャンプだと荷物が重くなり大変なので、どうしても鍛造ペグにこだわるならば18㎝のペグにするのがオススメです。

硬い地面にガンガン打ち込むためには強度や重さが必要なので、鍛造ペグである以上重くなってしまうのは仕方ないですね。

⇧ 目次へ戻る

エリッゼステークのおすすめ長さと選び方

エリッゼステークには4種類のサイズが用意されており、使用する用途や状況によって使い分けることができますので、選び方を以下のように表にまとめました。

品番エリステ18cmエリステ28cmエリステ38cmエリステ48cm
重さ77g190g346g420g
用途テントテント・タープテント・タープテント・タープ
状況通常通常やわらかい地面・砂地やわらかい地面・砂地
1本価格約341円約349円約792円約1,032円
商品ページ詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

通常のキャンプサイトでテントやタープに使う場合は28cmのペグがオススメです。

また、価格が一気に上がってしまいますが、柔らかい地面や砂地の場合は28cmだと抜けてしまう可能性があるので、38cmか48cmのペグを選ぶと良いでしょう。

ただし、38cmや48cmのペグはかなり重く持ち運びやペグ打ちが大変なので、28cmのペグでなんともならない場合に使うようにしましょう。

らむね

テントが小さい場合や地面が硬い場合は18cmのペグもアリですね!

⇧ 目次へ戻る

村の鍛冶屋のエリッゼステークがおすすめできる人

村の鍛冶屋のエリッゼステークがおすすめできる人についてまとめます。

エリッゼステークがおすすめできる人
  • 硬い地面にも刺さるペグを探している
  • 強風でも抜けにくいペグを探している
  • ペグ抜きをする際に抜きやすいペグを探している
  • 色々なサイズから選びたい
  • 色々なカラーから選びたい
  • 重くて頑丈なペグを探している
  • 鍛造ペグでもさびにくい防錆性能の高いものを探している
  • ペグを買いなおしたくない
数あるペグの中で最強のペグと言って良いでしょう!

村の鍛冶屋のエリッゼステークがおすすめできる人をざっとまとめるとこんな感じになります。

この中の項目が複数当てはまるようであれば、非常に相性の良い鍛造ペグになるはずですので、ぜひ手に取ってみてください。

⇧ 目次へ戻る

鍛造ペグには頑丈なペグハンマーを選ぼう!

エリッゼステークは紹介してきた通り非常に頑丈な鍛造ペグなので、耐久度の低いペグハンマーを使っているとペグハンマーが負けてペグが思うように刺さらなかったり破損してしまう可能性があります。

なので、鍛造ペグを買ってみようと考えている方は、鍛造ペグに負けないような丈夫なペグハンマーを選びましょう。

鍛造ペグにも負けないようなペグハンマーは、『スノーピークのペグハンマーPRO.S』『村の鍛冶屋のエリッゼペグハンマー』『ロゴスのパワーペグハンマー』あたりから選ぶのがオススメです。

らむね

私のイチオシはスノーピークのペグハンマーPRO.Sです!

⇧ 目次へ戻る

まとめ:楕円形状で打ち込みやすく抜きやすい最強の鍛造ペグ!

この記事では『村の鍛冶屋の鍛造ペグ『エリッゼステーク』をレビュー|楕円形状が魅力的な最高の鍛造ペグ』について書いてきました。

メリット
デメリット
  • 鍛造ペグでどんなに硬い地面でもガンガン打てる
  • 楕円形状でペグが抜けにくい
  • 楕円形状でペグが抜きやすい
  • 重さがありフックまで刺さるのでペグが抜けにくい
  • 防錆性能が非常に高く錆びにくい
  • 選べる長さとカラーが豊富
  • 曲がっても叩いて直せる
  • 鍛造ペグの中ではコスパ最高
  • 所有欲を満たせる
  • 鍛造ペグなので重くて持ち運びは少し大変
  • ペグ抜きがないと抜きにくい

実際に使ってみたところ、硬い地面でもガンガン刺さり楕円形状でひねれば抜きやすいので、ベテランキャンパーから最強ペグの称号をもらっているのが良くわかりました。

鍛造ペグは鋳造ペグやアルミペグに比べて価格が高い傾向がありますが、このエリッゼステークは鍛造ペグの中でも非常にコスパが良いですし、使い勝手も最高なので自信をもってオススメできるペグです。

らむね

ほかの鍛造ペグも気になる方は、鍛造ペグおすすめランキングの記事も書いてますので参考にしてくださいね!

鍛造ペグおすすめランキング5選