ペグ・ペグハンマー

スノーピークのペグ『ソリッドステーク』をレビュー|元祖にして最高級の鍛造ペグ

ソリッドステーク

こんにちは!
ペグコレクターのらむねです。

私は最も強度の高い鍛造ペグの中で、1,2位を争うほど人気のペグ『スノーピークのソリッドステーク』を愛用しています。

ソリステという愛称で親しまれており非常に評判が良いので気になってはいるけど、価格がやや高めなので購入を迷っているという方も多いはず。

そこで、この記事では何度もキャンプ場でこのペグを使っている私が、実際に『ペグ打ち』や『ペグ抜き』をしてみた感想を徹底レビューしていきます。

それでは『スノーピークのソリッドステークをレビュー|元祖にして王道な最高級の鍛造ペグ』について書いていきます。

メリット
デメリット
  • 信頼できるアウトドアメーカー製
  • 鍛造ペグでどんなに硬い地面でもガンガン打てる
  • 重さがありフックまで刺さるのでペグが抜けにくい
  • 防錆性能が非常に高く錆びにくい
  • 選べる長さが豊富
  • 曲がっても叩いて直せる
  • 所有欲を満たせる
  • 鍛造ペグなので重くて持ち運びは少し大変
  • ペグ抜きがないと抜きにくい
  • 鍛造ペグの中では価格はやや高め

スノーピークのソリッドステークの開封レビュー

まずは、スノーピークのソリッドステークのスペック、特徴、外観/デザイン、長さ/重さについてレビューしていきます。

それでは、スペックから確認していきましょう。

スペック

メーカー商品名スノーピーク
ソリッドステーク
サイズ30cm
(20cm,30cm,40cm,50cm)
重さ30cm:約180g
材質スチール製
防錆加工黒電着塗装
ホールあり
価格6本:2,948円
1本の価格約490円

ソリッドステークは元祖鍛造ペグとして最強の称号を持っているだけあって、デザイン性やスペックが非常に良いです。

また、最強の鍛造ペグと呼ばれつつも、価格は30cmで1本あたり約490円と鍛造ペグの中では平均よりやや高いくらいに抑えられています。

らむね

もう少し安ければ迷わずサクッと買いやすいんだけどね。

続いて、特徴を見ていきましょう。

特徴

スノーピークの鍛造ペグ『ソリッドステーク』の特徴は以下のとおりです。

  • 有名アウトドアメーカー製
  • 鍛造ペグの中でもトップクラスの品質
  • 打撃時に滑りずらい円柱状のヘッド
  • 重さがあるうえフックも地面に刺さるのでしっかり固定
  • 曲がってしまっても叩いて直せる
  • 防錆性能に優れた黒電着塗装
  • 重さが約180gと重め
  • 鍛造ペグの中では平均より少し高めな価格
  • 深く刺さるのでペグ抜きが無いと抜きにくい

簡単にまとめると、テント用ペグの中で最強の強度と言われる鍛造ペグなので、硬い地面でもガンガン打ち込むことができるうえ、フックまでしっかり地面に刺さるので地面の中で勝手に回転せず抜けにくくなっており非常に強力なペグとなっています。

また、防錆性能にすぐれた黒電着塗装がしてあるので、他の鍛造ペグより錆びにくくなっているのも特徴です。

らむね

非常に優れた鍛造ペグで、村の鍛冶屋の鍛造ペグ『エリッゼステーク』と1,2を争うほど人気となっています!

⇧ 目次へ戻る

外観/デザイン

全体のデザインとしては鍛造ペグの代表的な形として定着するほど機能的でかっこいいデザインとなっています。

また、ヘッド付近には『SNOW PEAK』の名前が刻んであり、ここも非常にかっこいいポイントです。

ペグハンマーの打撃を受ける面は円柱状となっており、地面に刺さる先端部分は鋭くなっています。

また、フックの部分も地面に刺さるような作りになっているので、フックまで刺さるように深く打ち付けることで地面の中で回転するのを防ぐことができます。

らむね

鍛造ペグの代表的となったデザインだけあって非常に機能的ですね!

長さ/重さ

ソリッドステークの長さは20㎝、30㎝、40㎝、50㎝と4種類も作られているので、グランドシートや軽量テント、タープやファミリー用のテント、砂浜などの柔らかい地面にも対応することができ非常に万能です。

≫ソリッドステークのおすすめ長さと選び方

また、鍛造ペグなので重さは30㎝で1本約180gとかなり重めになっていますので、同時に複数本を持ち運ぶのは少し大変です。

らむね

ただ、この重さのおかげで固い地面でもガンガン刺さってくれるんです!

⇧ 目次へ戻る

スノーピークのソリッドステークを実際に使ってみた感想

スノーピークの鍛造ペグ『ソリッドステーク』を実際にキャンプ場で使ってみたので、感想や使用感を書いていきます。

簡単に感想をまとめると以下のとおりです。

  1. どんなに硬い地面でもガンガン刺さる
  2. 非常に優れた固定力で安心
  3. 黒電着塗装で防錆性能に優れているのが良い
  4. 曲がっても直せるので長く使える
  5. 持っているだけで所有欲を満たす
  6. 固定力が高くペグ抜きが無いと抜けない
  7. 重くて持ち運びが少し大変
らむね

鍛造ペグが欲しいならコレを買えば間違いないですね!

それでは、それぞれについてわかりやすくお伝えしていきます。

どんなに硬い地面でもガンガン刺さる

ソリッドステークは約1,100度の炉の中にゆっくり潜らせ真っ赤に熱し、冷めないうちにプレス機で一気に潰して作られた鍛造ペグなので非常に強度が高いです。

なので、多少の石なら砕きながら進めるほど強度が高く、約180gとずっしりとした重さもあるので、硬い地面でもガンガンと地面に刺さっていきます。

らむね

ガンガン地面に刺さっていくこの感覚は一度使ったら他のペグには移れないほど最高です!

非常に優れた固定力で安心

ペグはテントやタープが風の影響を受けて引っ張られることで抜けてしまう場合がありますが、ソリッドステークは深く打ち付けることでフックまで地面に突き刺さるので、風などの影響を受けても地面の中で回転しにくく勝手に抜けてしまうのを防いでくれます。

また、30cmのペグ1本で約180gも重さがあるので、台風のような強風が吹くなどのことが無い限りペグが抜ける事はほとんどないでしょう。

らむね

ソリッドステークを使えば本当に安心して過ごせます!

黒電着塗装で防錆性能に優れているのが良い

鍛造ペグはスチール製なので比較的にさびやすいようになっているのですが、ソリッドステークは黒電着塗装がしてあり非常に防錆性能に優れています

ただし、黒電着塗装がしてあるからといってメンテナンスを怠ると錆びるのが早くなってしまうので、ペグを使い終わった後は水分や汚れを雑巾でしっかりと拭き取りましょう。

らむね

しっかりとメンテナンスをして長く使いましょう!

曲がっても直せるので長く使える

ペグはペグ打ちをしていると段々と曲がってきてしまうのですが、耐久性が非常に高い鍛造ペグなので曲がってしまっても叩いて直すことができます。

ピンペグや鋳造ペグも叩いて直せたりしますが、叩いて直しているうちに金属疲労により早々に使えなくなってしまいます。

なので、鍛造ペグの中でも最高級の品質を持つソリッドステークならば、万が一に曲がってしまっても叩いて直すことができるので非常に長く使うことができます。

持っているだけで所有欲を満たす

ベテランキャンパーなら誰もが知っているであろう最高峰のペグ『ソリッドステーク』を持っているだけで、所有欲がかなり満たされます

最高級ペグなので綺麗なまま保管したい気持ちも沸いてきますが、ガンガン使って使用感溢れるワイルドな感じにしていきましょう。

らむね

ソリステを持ってるだけで本当にウキウキしちゃいます!

⇧ 目次へ戻る

固定力が高くペグ抜きが無いと抜きにくい

非常に優れた固定力で安心できると前述しましたが、逆に考えればペグを抜くのが大変とも言えるので、ペグ抜きがしやすいペグハンマーを持参するようにしましょう。

ただ、ソリッドステークはペグ穴に別のペグが差せるようになっているので、余っているソリステを差し込んでグイっとひねりながら引っ張ることで、一応抜くことができるようになっています。

とは言っても、ペグハンマーで抜いたほうが楽なので、鍛造ペグもガンガン打ち込めソリッドステークが抜きやすいように設計されている、同社のスノーピークペグハンマーPRO.Sが非常に相性抜群です。

らむね

ソリステとペグハンマーPRO.Sを持っていればもう怖い物なしですね!

重くて持ち運びが少し大変

長さ30㎝のペグ1本の重さが約180gもあるので、車に積み込む際やペグ打ちする際に数本持って移動するのは少し大変に感じました。

なので、徒歩キャンプやツーリングキャンプだと荷物が重くなり大変なので、どうしても鍛造ペグにこだわるならば少しでも軽い20㎝のペグにするのがオススメです。

硬い地面にガンガン打ち込むためには強度や重さが必要なので、鍛造ペグである以上重くなってしまうのは仕方ないですね。

⇧ 目次へ戻る

ソリッドステークのおすすめ長さと選び方

ソリッドステークには4種類のサイズが用意されており、使用する用途や状況によって使い分けることができますので、選び方を以下のように表にまとめました。

品番ソリステ20
(R-102)
ソリステ30
(R-103)
ソリステ40
(R-104)
ソリステ50
(R-105)
長さ20cm30cm40cm50cm
重さ75g180g330g540g
用途テントテント・タープテント・タープテント・タープ
状況通常通常やわらかい地面・砂地やわらかい地面・砂地
1本価格385円495円935円1,320円
商品ページ詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

通常のキャンプサイトでテントやタープに使う場合は30cmのペグがオススメです。

また、価格が一気に上がってしまいますが、柔らかい地面や砂地の場合は30cmだと抜けてしまう可能性があるので、40cmか50cmのペグを選ぶと良いでしょう。

ただし、40cmや50cmのペグはかなり重く持ち運びやペグ打ちが大変なので、30cmのペグでなんともならない場合に使うようにしましょう。

らむね

テントが小さい場合や地面が硬い場合は20cmのペグもアリですね!

⇧ 目次へ戻る

ソリッドステークがおすすめできる人

スノーピークの鍛造ペグ『ソリッドステーク』がおすすめできる人についてまとめます。

ソリッドステークがおすすめできる人
  • 信頼できるメーカーから購入したい
  • 硬い地面にも刺さるペグを探している
  • 強風でも抜けにくいペグを探している
  • 色々なサイズから選びたい
  • 重くて頑丈なペグを探している
  • 鍛造ペグでもさびにくい防錆性能の高いものを探している
  • ペグを買いなおしたくない
数あるペグの中で最強のペグと言って良いでしょう!

スノーピークのソリッドステークがおすすめできる人をざっとまとめるとこんな感じになります。

この中の項目が複数当てはまるようであれば、非常に相性の良い鍛造ペグになるはずですので、ぜひ手に取ってみてください。

らむね

鍛造ペグ選びで後悔したくないならコレで間違いなし!

もう少し価格を抑えたい方

同じレベルの鍛造ペグでもう少し価格を抑えたい人は、村の鍛冶屋の鍛造ペグ『エリッゼステーク』がオススメです。

≫エリッゼステークのレビュー記事はこちら

⇧ 目次へ戻る

鍛造ペグには頑丈なペグハンマーを選ぼう!

ソリッドステークは紹介してきた通り非常に頑丈な鍛造ペグなので、耐久度の低いペグハンマーを使っているとペグハンマーが負けてペグが思うように刺さらなかったり破損してしまう可能性があります。

なので、鍛造ペグを買ってみようと考えている方は、鍛造ペグに負けないような丈夫なペグハンマーを選びましょう。

鍛造ペグにも負けないようなペグハンマーは、『スノーピークのペグハンマーPRO.S』『村の鍛冶屋のエリッゼペグハンマー』『ロゴスのパワーペグハンマー』あたりから選ぶのがオススメです。

らむね

私のイチオシはソリステとも相性抜群のスノーピークのペグハンマーPRO.Sです!

⇧ 目次へ戻る

まとめ:評判通りの最高級の鍛造ペグ

この記事では『スノーピークのソリッドステークをレビュー|元祖にして王道な最高級の鍛造ペグ』について書いてきました。

メリット
デメリット
  • 信頼できるアウトドアメーカー製
  • 鍛造ペグでどんなに硬い地面でもガンガン打てる
  • 重さがありフックまで刺さるのでペグが抜けにくい
  • 防錆性能が非常に高く錆びにくい
  • 選べる長さが豊富
  • 曲がっても叩いて直せる
  • 所有欲を満たせる
  • 鍛造ペグなので重くて持ち運びは少し大変
  • ペグ抜きがないと抜きにくい
  • 鍛造ペグの中では価格はやや高め

実際にキャンプ場で使用した感想を書いてきましたが、評判通りの最高級の鍛造ペグでした。

初心者からベテランキャンパーに幅広く親しまれているだけあって本当に使いやすいペグなので、どんな硬い地面でもガンガン打ち込めるワンランク上の鍛造ペグをお探しの方には非常にオススメできるペグです。

らむね

ほかの鍛造ペグも気になる方は、鍛造ペグおすすめランキングの記事も書いてますので参考にしてくださいね!

鍛造ペグおすすめランキング5選