キャンプ知識

火起こしで燃えやすいものランキング7選|着火剤のおすすめも紹介!

焚き火 火口

こんにちは!キャンプ大好きらむねです。

キャンプの醍醐味である焚き火をするには火起こしをしなくてはいけません。

この火起こしが大変なので多くの初心者が苦戦するところですが、薪に火がしっかりと移るように燃えやすいものを用意しておけば大丈夫です。

そこで、この記事では焚き火で様々なものを使って火起こしをしている私が、火起こしで『燃えやすいもの』のおすすめをランキング形式で紹介していきます。

それでは『火起こしで燃えやすいものランキング7選|着火剤のおすすめも紹介!』について書いていきます。

火起こしで燃えやすいものおすすめランキング7選

火起こしで燃えやすいものおすすめランキング7選は以下のとおりです。

燃えやすいものおすすめランキング7選

  • 1位:麻紐(麻ひも)
  • 2位:松ぼっくり
  • 3位:フェザースティック
  • 4位:スギの葉
  • 5位:乾いた落ち葉
  • 6位:新聞紙
  • 7位:ティッシュペーパー

それでは、それぞれの着火剤の特徴について解説していきます。

1位:麻紐(麻ひも)

麻紐をほぐすことにより非常に燃えやすくなりチャッカマン・ライターではもちろんのこと、ファイヤースターターを使っても簡単に着火することができる優秀な着火剤になります。

しかし、燃えやすいが故に燃え尽きるスピードが非常に速く、薪に火が移る前に消えてしまう可能性があるので、木の枝のように細い薪やフェザースティックなどと組み合わせる事をおすすめします。

ちなみに麻ひもは購入後そのままの状態だと火がつきにくいので、必ずナイフや手でほぐしふわふわな状態にしてから着火剤として使いましょう。

らむね

麻紐をほぐす作業もサバイバル感があって楽しいですよ!

麻紐は100均で手に入るうえ使う量も少量で良いので非常にコスパの良い着火剤です。

2位:松ぼっくり

松ぼっくりは天然で取れる素材の中で、燃えやすく燃焼時間が長い非常に優秀な着火剤です。

あらかじめ近所の公園に取りに行くのをおすすめしますが、キャンプ場に落ちている場合やキャンプ場で販売(約100円)していることもあります。

松ぼっくりは乾いていて傘が開いているものが燃えやすくおすすめです。

らむね

松ぼっくりは素手で触るとチクチクして痛いので、軍手や耐熱グローブを着用して触りましょう!

キャプテンスタッグのレザーグローブのレビュー記事はこちら

3位:フェザースティック

フェザースティックとは薪などの細い木の棒を羽毛(フェザー)のようにナイフで削り、燃えやすくした焚き付け用の着火剤です。

ターボライターなどでは簡単に火を付けることができますが、ファイヤースターターのような火花だけだと火が付きにくいので、麻紐やティッシュペーパーと組み合わせることをおすすめします。

フェザースティックを作るならば、柔らかく燃えやすい針葉樹の薪を使う方が良いです。

らむね

フェザースティックは『モーラナイフ』で削ると作りやすいですよ!

4位:スギの葉

スギの葉はキャンプ場に落ちている可能性が高く手に入れやすい天然の着火剤です。

スギの葉は燃えやすく優秀な着火剤ではありますが、キャンプ場に落ちているスギの葉はしめっているものが多く、燃やした時に大量の煙が発生する可能性があります。

比較的に煙が出やすいですが、現地で大量に手に入れられる可能性が高いのが、スギの葉の良いところですね。

5位:乾いた落ち葉

枯れた落ち葉も乾いていれば十分に着火剤になります。

秋や冬などの寒い季節であれば、キャンプ場に限らずどこにでも落ちているのが、落ち葉の良いところですね。

6位:新聞紙

新聞紙は家庭にある紙類の中で燃えやすく使いやすい優秀な着火剤です。

新聞紙を火口として使うポイントは開いたままで使うのではなく、ねじったりくしゃくしゃとした状態にすることで、火が1点に集中し長持ちしてくれるので薪に火を移しやすくなります。

ただ、新聞紙を燃やすと灰が飛びやすくなるので、うちわで仰ぐ際は灰が服に付いたりしないように注意をする必要があります。

らむね

火を起こす際はうちわより火吹き俸を使う事をおすすめします!

7位:ティッシュペーパー

ティッシュペーパーはファイヤースタータなどの火花だけでも、非常に燃えやすく着火剤として優秀です。

ただ、薄くて一瞬で燃え尽きてしまうので、フェザースティックや松ぼっくりなどの長く燃えてくれる着火剤と組み合わせることをおすすめします。

大量に燃やすと体にあまり良くない煙が出るようなので、使用する際は少量で済ませるようにしましょう。

らむね

ティッシュならいつでも持っているので使いやすいですね!

火のつきやすさ・燃え尽きるスピードまとめ

紹介してきた着火剤について『火のつきやすさ』『燃え尽きるスピード』を、わかりやすいように以下の表にまとめました。

着火剤火のつきやすさ燃え尽きるスピード
麻紐(あさひも)ファイアスターター普通
松ぼっくりライター・マッチ長い
フェザースティックライター・マッチ長い
新聞紙ライター・マッチ長い
スギの葉ライター・マッチ長い
乾いた落ち葉ライター・マッチ長い
ティッシュペーパーファイアスターター普通

ライターやマッチで火を付ける場合はどれを着火剤にしても問題ないですが、ファイヤースターターで火を付けたい場合は麻紐かティッシュを選ぶのがオススメです。

ただし、麻紐やティッシュは燃え尽きるスピードが比較的に速いので、松ぼっくりやフェザースティックなどの一定時間燃え続けてくれる着火剤と組み合わせるとよいでしょう。

らむね

色々な組み合わせで試してみると知識が深まり楽しいですよ!

まとめ:燃えやすいものを使って火起こしを成功させよう!

この記事では『火起こしで燃えやすいものランキング7選|着火剤のおすすめも紹介!』について書いてきました。

どの着火剤もそれぞれの特徴があり良し悪しがあるので、自分の使ってみたい着火剤から試していくと良いでしょう。

よりサバイバル感を味わいたいのであれば、麻紐・フェザースティック・松ぼっくり辺りを使うことをおすすめします。

らむね

フェザースティック作りなんかは、楽しくて癖になっちゃいますね!