WAQ キャリーワゴンのレビュー|口コミの良いタイヤ交換できるカート!

当ページのリンクには広告が含まれています。
waqのキャリーワゴン

Amazonのアウトドア用キャリーカート売れ筋ランキング1位、楽天市場のデイリーランキング1位に輝く、キャンパーや子連れに非常に人気のある『WAQ(ワック)のキャリーワゴン』。

他のキャリーワゴンに比べて、タイヤが大きく耐荷重150kgと非常に大容量なアウトドアワゴンです。

WAQのキャリーワゴン

実際にキャンプやピクニックで何度も使ってますが、使用者のために細かいところまでこだわって作られているため、「めちゃくちゃ使いやすいじゃん!」と家族で大満足しております。

らむね

「さすが、日本企業の商品!」と言ってしまうほどのクオリティで、実際に使ってみると人気の理由が良くわかります!

WAQのキャリーワゴンは様々な場面で使えるので、キャンパーだけでなく子供と公園に遊びに行くファミリーにも大活躍する商品です。

それでは、『WAQのキャリーワゴンをレビュー|タイヤ交換できてテーブルにもなる高評価な大容量アウトドアワゴン!』について、書いていきます。


特大ダイヤで段差を乗り越える
耐荷重150kgの大容量ワゴン!

LINE友達登録でセール商品にも使える
500円OFFクーポンGET!

目次

WAQのキャリーワゴンのレビュー

WAQのキャリーワゴンについて、以下の点をレビューしていきます。

  1. WAQ(ワック)とは?
  2. スペック紹介
  3. 外箱/付属品
  4. デザイン/外観
  5. 組み立て方と畳み方

WAQ(ワック)とは?

WAQ(ワック)とは、2017年2月13日に日本で設立された大阪市に本社を構える日本のアウトドアブランドです。

しっかりと自社の公式サイトを持っており、テント関連を中心に様々なアウトドア用品の通信販売を行っております。

日本製の高品質なキャンプ用品を見に行く!

スペック紹介

メーカー商品名WAQ アウトドアワゴン
荷室サイズ約85cm×40cm
収納時サイズ約76cm×42cm
重量約11.2kg
カラーグリーン×オレンジ
オリーブ×タン
ブラック×ネイビー
フレーム素材スチール
シート素材キャンバス生地
容量約106L
耐荷重約150kg

サイズはワンサイズでカラーは3種類。

WAQは日本企業なので商品のクオリティが高く、細かいところまでこだわっており、非常に丁寧に作られています。

らむね

カラーが選べるのも魅力的ですが、やはり106Lの容量と150kgの耐荷重が非常に魅力的ですね!

外箱/付属品

waq-carrywagon (59)

WAQのキャリーワゴンは収納した状態のサイズ感のダンボールに入って配送されてきました。

WAQのキャリーワゴン

キャリーワゴンの付属品は、キャリーワゴンの中に敷く床板と荷物を固定するゴムバンド、キャリーワゴンを収納するカバーの3点です。

デザイン/外観

WAQのキャリーワゴン

WAQのキャリーワゴンの収納部分は長方形となっており、フレーム部分はバッテンのような形で全体的にかっこいいデザインとなっています。

また、WAQのキャリーワゴンの特徴である特大タイヤもかなり存在感があります。

WAQのキャリーワゴンのカラーは、グリーン×オレンジ、オリーブ×タン、ブラック×ネイビーの3種類です。

らむね

我が家はブラック×ネイビーにしました!

組み立て方と畳み方

WAQのキャリーワゴンの組み立て方を解説します。

STEP
初めに収納カバーを外します
WAQのキャリーワゴン
STEP
固定してあるベルトを外します
STEP
全体を広げていきます
WAQのキャリーワゴン
STEP
広げたら床板を敷きます
WAQのキャリーワゴン
らむね

組み立てはこれで完了です!

続いて収納方法ですが、組み立てと逆の動作をしていくだけです。

床板を外すと畳むためのフックがありますので、このフックを引っ張りながら縮めて行きましょう。

あとは固定ベルトをして収納カバーを被せるだけ。

らむね

初めての方でも組み立ても収納も簡単にできるはずです!


特大ダイヤで段差を乗り越える
耐荷重150kgの大容量ワゴン!

LINE友達登録でセール商品にも使える
500円OFFクーポンGET!

WAQのキャリーワゴンの良かったところ【メリット】

実際にキャンプ場や緑地公園で何度も使ってみましたが、よかった点は以下の9つです。

それでは、それぞれについてわかりやすくお伝えしていきます。

容量106Lと大容量なので1回でかなり道具が積める

WAQのキャリーワゴンの容量は106Lと非常に大容量なので、キャンプで使う際にも1回でかなりの量の道具が積めます。

WAQのキャリーワゴン

キャンプ場や緑地公園の駐車場から目的地までの距離はそんなに遠くないとはいえ、数百メートルある場合が多いので、往復する回数を何とかして減らしたいのが使用者の思い。

らむね

正直、2回往復しただけで割とヘトヘトになるので、1回に運べる量が多いのは非常に大事!

特大タイヤで段差も硬い地面も楽に運べる

WAQのキャリーワゴンの特徴でもある幅8.5cmの『特大タイヤ』。

WAQのキャリーワゴン

この特大タイヤのおかげで、10cmくらいの段差やガタガタした硬い地面も楽々運べちゃいます。

荷物を実際にキャリーワゴンで運んでみると、公園やキャンプ場には思ったより段差が多いことに気づくので、特大タイヤの恩恵を凄く感じます。

らむね

タイヤが小さくて段差が登れないと、荷物を積んだ重たいキャリーワゴンを持ち上げるか、別の道へ迂回する事になるので負担がかなり大きくなります。

身長に合わせてハンドルの高さ調節ができるので腰が痛くならない

キャリーワゴンを引いていると腰が痛くなりがちですが、これは引く時の体勢が悪く腰に過度な負担がかかっているから。

この腰への負担を軽減するために、WAQのハンドルは使用者の身長に合わせて、高さの調節ができるようになっています。

らむね

高さ調節は簡単に出来るので、夫婦で交互に使う際はサクッと高さを変えて使っています!

ハンドルの高さは地面から100cm、116cmで調節が可能となっています。

ハンドルのグリップが手にフィットして掴みやすい

重たい荷物を数百メートル運ぶとなると、手が痛くなってくるのは普通ですよね。

WAQのキャリーワゴンのハンドルのグリップ部分は、手にフィットするような形となっており、握り心地が凄くよいので手が痛くなりずらいです。

WAQのキャリーワゴン
らむね

グリップを握った時の太さもちょうど良いので、無駄な力がかからず手が疲れにくいです!

付属のゴムバンドを付けることで荷崩れを防げる

キャンプ道具を運ぶ際は荷物が多くなりがちで、欲張って積むと不安定になり荷崩れが起きる場合も。

荷崩れを想定してWAQのキャリーワゴンにはゴムバンドが付属されているので、崩れそうなところをゴムバンドで固定することで、荷崩れのリスクをかなり軽減することができます。

らむね

坂道で荷崩れを起こすと荷物が次々と滑り落ちていくので、本当にテンションが下がります。

初めてでも組み立てや収納が簡単にできる

WAQのキャリーワゴンを初めて使った時でも、簡単に組み立てや収納ができました。

組み立てはカバーを外して広げるだけと言っても過言ではないくらい簡単ですし、収納も中央部分のフックを引っ張って狭めるだけで完了です。

らむね

やり方を深く調べずとも、組み立ても収納も感覚で簡単にできます!

天板を付けるとテーブルになるので運搬後も大活躍

普通のキャリーワゴンは荷物を運んだら役目は終わりになるのですが、WAQのキャリーワゴンには専用の天板が用意(別売り)されており、運搬後はテーブルとして大活躍します。

キャンプやピクニックでテーブルが使えるのは非常に便利なので、この2Way仕様を魅力に感じる人はかなり多いはずです。

らむね

天板を持っていくことで、持参するテーブルを減らすことができるのは魅力的ですよね!

タイヤがダメになってもタイヤ交換出来る

キャリーワゴンは重たい荷物を運ぶため、どうしてもタイヤが傷んできてしまいます。

タイヤの替えがなければキャリーワゴン自体を処分することになりますが、WAQのキャリーワゴンは交換用のタイヤが売られているので、タイヤを替えれば今まで通りに使うことができます。

WAQのキャリーワゴン
らむね

キャリーワゴンなんて1万円以上するので、タイヤがダメになる度に本体ごと買い換えていたらコスパが悪すぎる。

高性能なのに比較的にお値打ち価格

実際に使ってみてよかったと思うところがてんこ盛りの魅力的なキャリーワゴンが、約1万円で買えるのは非常にお値打ちだと感じています。

WAQのキャリーワゴン

キャリーワゴンは他の有名ブランドからも販売されていますが、WAQのキャリーワゴンは比較的に安い部類に入るので、コスパの面から見ても非常に良い商品です。

らむね

キャリーワゴンは1万円以上したりと安くないので、コスパの良さも非常に気になるところですよね!


特大ダイヤで段差を乗り越える
耐荷重150kgの大容量ワゴン!

LINE友達登録でセール商品にも使える
500円OFFクーポンGET!

WAQのキャリーワゴンの気になるところ【デメリット】

実際にキャンプ場や緑地公園で何度も使ってみましたが、気になった点は以下の3つです。

それでは、それぞれについて分かりやすくお伝えしていきます。

コンパクトに畳めると言いつつもそれなりに場所を取る

WAQのキャリーワゴンは床板を外すことができるうえ、4点折りたたみタイプを採用しているので、コンパクトに収納できます。

他のキャリーワゴンに比べてコンパクトになっているとは言え、それでも収納スペースは割ととります。

らむね

購入前の想像よりはコンパクトとは感じませんでしたね。

タイヤロックのストッパーが欲しかった

WAQのキャリーワゴンは容量が106Lと大容量なので、荷物の重さでタイヤが勝手に動いていかないように、タイヤにストッパーが付いていて欲しかったと感じました。

WAQのキャリーワゴン

坂道でない限り勝手に動くことはないと思いますが、念の為に付いていてくれると安心感が増しますね。

持ち上げて運ぶには結構重たい

WAQのキャリーワゴンは約11kgあるので、家の中から車に積み込むまでに持ち上げて運ぶ必要があり、結構重たく感じました。

ただ、この重さのおかげで耐荷重150kgや容量106Lが実現できているはずなので仕方ないですね。

WAQのキャリーワゴンと他のアウトドアワゴンを簡単に比較

WAQのキャリーワゴンと他のアウトドアワゴンを簡単に比較してみました。

WAQのキャリーワゴンを購入する時に知っておきたい情報

WAQのキャリーワゴンを購入する時に知っておきたい情報をまとめました。

WAQのキャリーワゴンのセール情報

WAQの公式サイトでは定期的にお得なセールを開催しております。また、セール中でなくてもWAQのLINEの友達登録で500円OFFクーポンがゲットできます。

WAQのキャリーワゴンの取扱店

WAQの商品は店頭にあまり置いていません。

なので、WAQ公式サイトやAmazon、楽天市場で購入するのが一般的になります。

WAQのキャリーワゴンの返品について

WAQの公式サイトで購入すると、30日間の返品保証がついてきます。

WAQのキャリーワゴンの保証期間

WAQの公式サイトで購入すると、購入日から1年間のメーカー保証が付きます。初期不良であれば無償で新品と交換。通常の使用で破損した場合は修理もしくはパーツの交換を行ってくれます。

WAQのキャリーワゴン使用時の注意点

公園でキャリーワゴンに子供を乗せている光景をよく見ますが、WAQのキャリーワゴンでも小学生低学年であれば2人乗せるくらい問題なくできました。

ただし、メーカーが子供を乗せることを推奨しているわけでもないですし、床板が破損したり子供が落ちて怪我をする可能性がありますので、注意が必要です。

WAQのキャリーワゴンのレビューまとめ

この記事では『WAQのキャリーワゴンのレビュー』について書いてきました。

実際に何度も使っていると気になるところも少し出てきますが、比べ物にならないくらい良かったと思うところがありますので、キャンプや子連れの公園遊びのために探しているなら、非常にオススメのアウトドアワゴンです。

らむね

公園に行くと店頭で買えるコールマンのアウトドアワゴンだらけなので、コールマンを避けるならWAQがイチ押し!


特大ダイヤで段差を乗り越える
耐荷重150kgの大容量ワゴン!

LINE友達登録でセール商品にも使える
500円OFFクーポンGET!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次