ワークマンのペグケース『パラフィン帆布スクエアトート』をレビュー|激安で十分に収納できる優れもの!

ワークマン ペグケース

この記事では、ワークマンのペグケース『パラフィン帆布スクエアトート』についてレビューします。

ペグ購入時に付いてくる付属の収納袋を使っていると、ペグや小物が増えるに連れて窮屈になり不便に感じてきますよね。

かと言って、専用のペグケースを探してみると2,000円〜5,000円くらいと、思っていたより価格が高く購入を躊躇してしまっているのではないでしょうか。

我が家も同じで購入を躊躇していたところ、ワークマンに980円で買えるペグケースがあると聞いて購入してきたので、使ってみた感想や使用感をまとめました。

らむね

ペグケースを初めて買う方には十分な使い心地ですよ!

目次

パラフィン帆布スクエアトートの開封レビュー

まずはパラフィン帆布スクエアトートを開封しながら、以下の点をレビューしていきます。

スペック

ワークマンのパラフィン帆布スクエアトートのスペックはこちら。

メーカー商品名 ワークマン
パラフィン帆布スクエアトート
サイズ縦12cm,横31cm,幅12cm
カラーネイビー,ブラウン,ベージュ,グレー
容量7L
素材帆布
撥水加工パラフィン加工
価格980円

スペックについて簡単にまとめると、一般的なペグケースと同じくらいのサイズ感でパラフィン加工という撥水加工がしてある、キャンプ用品などを入れるのに便利な収納バッグです。

らむね

これで980円は本当に驚き

帆布とは?

帆布(はんぷ)とは、細い糸を何本か撚り合わせて平織りした厚手の布で、canvas(キャンバス)とも呼ばれています。歴史はかなり古く、紀元前3000年頃の古代エジプト、ナイル川を下る船の帆として使われた厚手で丈夫な布がそのルーツと言われています。引用元

ちなみに、サイズ感をティッシュ箱と比べるとこんな感じです。

らむね

大きすぎずコンパクトで良いですね!

デザイン/外観

全体的なデザインは一般的なペグケースとよく似ており、チャックで蓋が閉めれるようになっています。

背面は前面と特に変わらないデザインとなっており、底面は滑り止めやキズ防止の足は付いていません。

側面にはチャックがあり、蓋を開け閉めできるようになっています。

また、内側には2つのチャック付きメッシュポケットがあります。

2つの持ち手は連結用のカバーがあるので、バラしたり繋げたりする事ができます。

らむね

少しクシャっとしたデザインだけど機能性は悪くなさそう。

収納できる容量

実際にペグやペグハンマーを収納してみましたが、ペグハンマー2本、30cmペグ22本、ガイロープ4本、ペグマーカーなどを入れても余裕があります。

ファミリー用のテントでもこれくらいペグやペグハンマーがあれば十分。(これで約5kg)

また、内側のポケットやふた裏のポケットに、小物を分けて入れられるのは非常に便利。

ちなみに、収納バッグの横幅は約31cmもあるので、一般的なペグやペグハンマーならサイズ的にも問題なく収納できます。

らむね

ファミキャンにも十分に対応できる収納量は嬉しい!

⇧ 目次へ戻る

パラフィン帆布スクエアトートを実際に使ってみた感想/使用感

パラフィン帆布スクエアトートを実際に使ってみた感想を正直に書いていきます。

簡単に感想をまとめると以下のとおりです。

それぞれについてわかりやすく解説していきます。

ファミリーキャンプにも十分に対応できる収納力

ファミリーキャンプのような大きなテントを使う場合は、ペグの必要数やペグ自体の重量が増えるのですが、このペグケースなら余裕で必要数を収納できます。

これ以上の設営道具が必要になることはあまり無いので、収納できる容量としては文句なし。

掲載した画像で実際に収納しているのは、ペグハンマー2本、30cmペグ22本、ガイロープ4本、ペグマーカーなど。(重さは約5kg)

キャンプ場の雰囲気に馴染むデザイン

我が家はブラウンの収納バッグを購入しましたが、キャンプ場の雰囲気に馴染むデザインで必要に良いです。

他にも、ネイビー、ベージュ、グレーと全部で4色あるので、ご自身の好みに合わせて購入できます。

持ち手にカバーがあり持ち運びしやすい

持ち手の部分にカバーが付いており掴みやすいようになっているので、持ち運びがしやすいです。

基本的には長い距離を持ち運ぶものではないですが、中身が割と重いので持ち手の部分にカバーがあるのは魅力的。

5kg以上入れても問題なく耐えられる頑丈さ

ファミリーキャンプのように大きなテントを固定するため、鍛造ペグや鋳造ペグなどのスチール製の重たいペグを使うと簡単に5kgを超えてしまいます。

実際に5kg以上の設営道具を入れて何度か使用していますが、持ち手の部分がほつれてくることは今のところありません。

また、生地はそこまで分厚い訳ではありませんが、ペグやペグハンマーを入れて持ち運んでいても生地が破れてくることは今のところ無いので、ペグケースとして使う分には問題ないでしょう。

メッシュの収納ポケットが便利

収納バッグの中には蓋の裏と内側にメッシュのチャック付きポケットが付いているので、ペグやペグハンマーのような汚れやすいものとは別に収納できます。

特に小物なんかはペグの下敷きになると潰れてしまったり取り出すのが大変なので、分けて収納できるのは非常に便利です。

また、ポケットがメッシュになっているので中身が一目で分かるのも魅力的ですし、チャックが付いていることで蓋を開け閉めする際に中身が落ちる心配がないのがとても魅力的です。

パラフィン加工の撥水性で急な雨に対応

生地にはパラフィン加工という撥水性の加工がしてあるので、ある程度の水なら弾いてくれるようになっています。

さすがに大量の水を掛けたりすると染み込み始めてしまうでしょうが、急に雨が降ってきて避難させるまでの間に濡れるくらいなら問題なく耐えられます。

少し手で抑えただけで簡単に潰れる

生地の中に板が入っている訳ではありませんので、少し手で抑えるだけで簡単に潰れてしまいます。

周りに板が入っているような硬いペグケースを探している方には不向きかもしれません。

⇧ 目次へ戻る

ワークマンは他にもコスパ最高のキャンプ道具がある

ワークマンはペグケースに使えるような収納バッグだけでなく、他にもペグハンマーや耐熱グローブなどのキャンプ道具をたくさん扱っております。

しかも、今回紹介した収納バッグのように非常にコスパが良いものばかりなので、ぜひ他のキャンプ道具も検討してみてください。

⇧ 目次へ戻る

まとめ:ワークマンのペグケース『パラフィン帆布スクエアトート』をレビュー

この記事では、『ワークマンのペグケース「パラフィン帆布スクエアトート」のレビュー』について書いてきました。

紹介してきたとおり、頑丈で機能性に優れているので非常に使い勝手がよく、ペグケースとして十分に使える収納バッグです。

しかも、価格が980円と非常に安いので、ペグケースを初めて買う方には、かなり手が出しやすいのではないでしょうか。

らむね

気になる方はワークマンの店舗に見に行ってくださいね!

ペグ・ペグハンマーの人気記事

⇧ 目次へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次